コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギランバレー症候群 ギランバレーショウコウグン

2件 の用語解説(ギランバレー症候群の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ギラン‐バレー‐しょうこうぐん〔‐シヤウコウグン〕【ギランバレー症候群】

風邪や下痢などのあとに左右の下肢の脱力感・筋力低下・感覚鈍麻・歩行困難などの症状を呈する病気。ウイルスや細菌の感染によって引き起こされる自己免疫疾患。感染後1~2週間で発症する。フランスの神経科医ギラン(G.Guillain)とバレー(J.A.Barré)の二人が最初に報告。厚生労働省特定疾患(難病)に指定されている。感染後多発性神経炎急性炎症性脱髄性多発神経炎。急性炎症性脱髄性多発根神経炎。急性炎症性脱髄性多発神経根ニューロパチー。急性炎症性多発ニューロパチー。AIDP(Acute Inflammatory Demyelinating Polyneuropathy)。GBS(Guillain-Barre syndrome)。→慢性炎症性脱髄性多発神経炎

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ギランバレーしょうこうぐん【ギランバレー症候群】

急性多発性神経炎の特徴的な病気の症状。神経根と末梢神経が障害され、左右の足の下肢から上肢に広がっていく麻痺まひ、疼痛とうつう、知覚異常など。このような障害が延髄・脳橋に及ぶと呼吸困難などを呈する。ランドリー-ギランバレー症候群。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ギランバレー症候群の関連キーワード下大静脈衛府佐兄弟は左右の手なり四衛脱力脱力感ミルキングアクション両翼食物不耐子どもの下痢

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ギランバレー症候群の関連情報