ギランバレー症候群(読み)ギランバレーショウコウグン

デジタル大辞泉の解説

ギラン‐バレー‐しょうこうぐん〔‐シヤウコウグン〕【ギランバレー症候群】

風邪や下痢などのあとに左右の下肢の脱力感・筋力低下・感覚鈍麻・歩行困難などの症状を呈する病気。ウイルスや細菌の感染によって引き起こされる自己免疫疾患。感染後1~2週間で発症する。フランスの神経科医ギラン(G.Guillain)とバレー(J.A.Barré)の二人が最初に報告。厚生労働省の特定疾患(難病)に指定されている。感染後多発性神経炎。急性炎症性脱髄性多発神経炎急性炎症性脱髄性多発根神経炎急性炎症性脱髄性多発神経根ニューロパチー急性炎症性多発ニューロパチーAIDP(Acute Inflammatory Demyelinating Polyneuropathy)。GBS(Guillain-Barre syndrome)。→慢性炎症性脱髄性多発神経炎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ギランバレーしょうこうぐん【ギランバレー症候群】

急性多発性神経炎の特徴的な病気の症状。神経根と末梢神経が障害され、左右の足の下肢から上肢に広がっていく麻痺まひ、疼痛とうつう、知覚異常など。このような障害が延髄・脳橋に及ぶと呼吸困難などを呈する。ランドリー-ギランバレー症候群。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ギランバレー症候群の関連情報