ギランバレー症候群(読み)ギランバレーショウコウグン

  • ギランバレーしょうこうぐん ‥シャウコウグン
  • ギランバレーしょうこうぐん〔シヤウコウグン〕

デジタル大辞泉の解説

風邪や下痢などのあとに左右の下肢の脱力感・筋力低下・感覚鈍麻・歩行困難などの症状を呈する病気。ウイルスや細菌の感染によって引き起こされる自己免疫疾患。感染後1~2週間で発症する。フランスの神経科医ギラン(G.Guillain)とバレー(J.A.Barré)の二人が最初に報告。厚生労働省の特定疾患(難病)に指定されている。感染後多発性神経炎。急性炎症性脱髄性多発神経炎急性炎症性脱髄性多発根神経炎急性炎症性脱髄性多発神経根ニューロパチー急性炎症性多発ニューロパチーAIDP(Acute Inflammatory Demyelinating Polyneuropathy)。GBS(Guillain-Barre syndrome)。→慢性炎症性脱髄性多発神経炎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「ギランバレー」は、最初に報告したフランスの神経科医 Guillain と Barré の二人の名から) 感染後多発性神経炎。風邪や下痢などのあとで、下肢の筋力低下、感覚鈍麻、歩行困難などの症状を呈する病気。原因は不明。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

三密

仏教用語。主として密教でいわれ,身密,口密,意密の総称。仏の身体と言葉と心によって行われる3つの行為は,不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる3つの行為も,その隠...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ギランバレー症候群の関連情報