ギンリョウソウ

百科事典マイペディアの解説

ギンリョウソウ

ユウレイタケとも。日本全土,東アジアの山中の樹林下にはえるイチヤクソウ科の多年生腐生植物。根は褐色で,やや塊状。根以外は純白色で,茎は直立し,高さ10cm内外,肉質となる。葉は退化し鱗状。5〜7月,白い筒状鐘形の花が,茎頂に1個下向きに咲く。果実は球形で白色。
→関連項目寄生植物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギンリョウソウ
ぎんりょうそう / 銀竜草
[学]Monotropastrum humile (D. Don) Hara

イチヤクソウ科の多年生の腐生植物。別名ユウレイタケ、マルミノギンリョウソウ。全体が純白色であるが、桃色を帯びるものもあり、乾くと黒くなる。茎は高さ5~20センチメートル、太く直立し、多数の鱗片葉(りんぺんよう)が上向きにつく。4~7月、茎頂に白い花が1個下向きに開き、包葉に包まれる。花柱は先が開出し、柱頭は暗紫色に染まる。丘陵帯から亜高山帯の腐植土の多い林床に生え、日本全土、樺太(からふと)(サハリン)、南千島、朝鮮、中国、ヒマラヤに分布する。名は、花が銀白色で下向きに開く姿を竜に見立てたもので、ユウレイタケの名は、葉緑素がないのでキノコを連想し、暗い林内に頂が垂れて開く草姿から白衣をまとった幽霊に見立てたものである。ギンリョウ属は、子房は1室で側膜胎座、果実は液果である。アジアに4種が分布する。[高橋秀男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ギンリョウソウの関連情報