コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギンリョウソウ

2件 の用語解説(ギンリョウソウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ギンリョウソウ

ユウレイタケとも。日本全土,東アジアの山中の樹林下にはえるイチヤクソウ科多年生腐生植物。根は褐色で,やや塊状。根以外は純白色で,茎は直立し,高さ10cm内外,肉質となる。
→関連項目寄生植物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギンリョウソウ
ぎんりょうそう / 銀竜草
[学]Monotropastrum humile (D. Don) Hara

イチヤクソウ科の多年生の腐生植物。別名ユウレイタケ、マルミノギンリョウソウ。全体が純白色であるが、桃色を帯びるものもあり、乾くと黒くなる。茎は高さ5~20センチメートル、太く直立し、多数の鱗片葉(りんぺんよう)が上向きにつく。4~7月、茎頂に白い花が1個下向きに開き、包葉に包まれる。花柱は先が開出し、柱頭は暗紫色に染まる。丘陵帯から亜高山帯の腐植土の多い林床に生え、日本全土、樺太(からふと)(サハリン)、南千島、朝鮮、中国、ヒマラヤに分布する。名は、花が銀白色で下向きに開く姿を竜に見立てたもので、ユウレイタケの名は、葉緑素がないのでキノコを連想し、暗い林内に頂が垂れて開く草姿から白衣をまとった幽霊に見立てたものである。ギンリョウ属は、子房は1室で側膜胎座、果実は液果である。アジアに4種が分布する。[高橋秀男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ギンリョウソウの関連キーワード東アジア小アジア幽霊茸アジアンポップス東アジア首脳会議ウドオカヒジキノビルヤマゴボウ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ギンリョウソウの関連情報