コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クイーンモードランド Queen Maud Land

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クイーンモードランド
Queen Maud Land

南極大陸の西経 16°30′から東経 49°30′にわたる広大な地域。 1930年ノルウェーの R.ラルセン南極探検隊により発見され,時の女王名にちなんで命名。沿岸部は皇太子たちの名にちなんで,西からプリンセスマーサ海岸プリンセスアストリッド海岸プリンセスラグンヒルド海岸プリンスハラルド海岸プリンスオラフ海岸の名が与えられている。また西からアールマンリッジ,ホフマン,ボールタット,セロンダン,ベルジカ,やまとなどの 2000~3000m級の山脈が,海岸から 200~300km離れて分布する。内陸部は長い間未知であったが,57~58年の国際地球観測年を機に,各国の基地がおかれるようになり,航空機や雪上車の発達に伴って,次第に明らかにされている。日本の昭和,みずほ,あすか,ドームふじの4基地も所在する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

クイーンモード‐ランド(Queen Maud Land)

南極大陸の大西洋側の陸地の名称。ノルウェー語名ドローニングモードランド。国によってその範囲は異なるが、おおむね西経20度から東経45度までを指す。西側プリンスオラフ海岸から東側のプリンセスマルタ海岸までを含む。沿岸には日本の昭和基地みずほ基地のほか、ドイツ、ロシア南アフリカの基地がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

クイーンモードランドの関連キーワードノボラザレフスカヤ基地プリンス・ハラルド海岸プリンス・オラフ海岸リュツォ・ホルム湾エンダービーランドリュツォホルム湾ドームふじ基地あすか観測拠点セロンダン山脈ボツンヌーテンウェッデル海コーツランドウエッデル海やまと山脈あすか基地白瀬氷河東南極南極