コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クエルチア

百科事典マイペディアの解説

クエルチア

イタリアの彫刻家シエナ近郊のクエルチア生れ。後期ゴシックから初期ルネサンスへの過渡期を代表する彫刻家で,浮彫を得意としたが,晩年の動感豊かな様式は後のミケランジェロの登場を予告している。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クエルチア【Jacopo della Quercia】

1374ころ‐1438
イタリアの彫刻家。シエナ生れ。1401‐02年,フィレンツェ洗礼堂第二門扉(現,北門扉)の制作者を決めるコンクールにギベルティブルネレスキらと参加。《イラリア・デル・カレットの墓碑》(大理石,1407,ルッカ大聖堂)や《フォンテ・ガイア》の噴水(1414‐19,パラッツォ・プブリコ,シエナ)などの作品では,部分的に古代のモティーフを用いているものの,まだ感覚においてゴシック風が顕著である。しかしボローニャのサン・ペトローニオ教会正面扉口大理石浮彫(1425‐38)になると,いたずらな細部を省いた簡潔直截な構成とモニュメンタルな表現力を見せ,すでにルネサンスの彫刻家としての位置を確立している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クエルチア
くえるちあ
Jacopo della Quercia
(1374/75―1438)

イタリアの彫刻家。シエナ近くのクエルチア・グロッサに生まれる。彼の名前が美術史上に初めて現れるのは、1401年のフィレンツェ洗礼堂北側門扉(もんぴ)の有名なコンテストに参加したときであるが、応募作品は残されていない。確実にクエルチアの手になる最初の作品は、ルッカ大聖堂にあるイラリア・デル・カレットの墓碑(1406ころ)である。彼の彫法に北ヨーロッパのゴシック彫刻の影響を指摘する研究者が少なくないが、たとえばシエナの『ガイアの噴水盤』(1414~19)の浮彫りにはその形跡がある程度うかがわれる。17~30年にシエナのサン・ジョバンニ洗礼堂に制作した洗礼盤の浮彫り『神殿のザカリア』には、同じ洗礼盤のドナテッロによる『ヘロデの饗宴(きょうえん)』(1427)にみる絵画的空間表現からの影響が認められる。25年以降には、ほかの仕事も手がけながらボローニャのサン・ペトロニオ聖堂正面の装飾に没頭し、聖母子や旧約物語の傑作を残し、同地で世を去った。[濱谷勝也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クエルチアの関連キーワードサンペトロニオ聖堂ルネサンス美術シエナ大聖堂クエルチァ浮彫り