コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クガイソウ

世界大百科事典 第2版の解説

クガイソウ【Veronicastrum sibiricum (L.) Pennell ssp.japonicum (Nakai) Yamazaki】

本州に分布し,山地の草原や林縁に生えるゴマノハグサ科の多年草(イラスト)。茎は株立ちとなり,直立して高さ0.8~1.3m,4~8枚の輪生する葉を5~9段につける。夏,茎頂に穂様の総状花序に多数の淡紫色の花をつける。花冠は筒形で,先は4裂してややとがる。蒴果(さくか)は卵形で,半球形の多数の小さな種子がある。西南日本には花序が無毛のナンゴククガイソウV.sibiricum (L.) Pennell var.australe Yamazakiが,また北海道には全体が大きく,花は無柄で花冠裂片の先が丸いエゾクガイソウV.sachalinense (Boriss.) Yamazakiがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クガイソウ
くがいそう / 九蓋草
[学]Veronicastrum sibiricum (L.) Penn. subsp. japonicum (Nakai) Yamaz.

ゴマノハグサ科の多年草。茎は株立ちして直立し、高さ約1メートル、葉は4~8枚が輪生する。7、8月、茎頂に長い総状花序を出し、多数の小花が密生する。花冠は青紫色で筒状、先は4裂し雄しべ2本は花外に長く突き出る。(さくか)は卵形で、中に多数の円い小さな種子を含む。本州、四国、九州の山地から亜高山帯の草地に多くみられる。名は、花茎に9節ほどの輪生葉がつくことによる。民間では根茎を煎(せん)じて利尿剤とする。クガイソウ属にはこのほかにスズカケソウの仲間があり、約20種がおもに東アジアに分布する。近縁のルリトラノオ属とは、花冠が筒状であること、果や種子の形などから区別される。[久保多恵子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クガイソウの関連キーワード野草(植物)九楷草虎の尾葉序

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android