コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クサギカメムシ クサギカメムシ Halyomorpha nalys; brown-marmorated stinkbug

3件 の用語解説(クサギカメムシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クサギカメムシ
クサギカメムシ
Halyomorpha nalys; brown-marmorated stinkbug

半翅目異翅亜目カメムシ科。クサギにつくカメムシというのでこの名がある。山間部で秋口に人家内に多数が侵入し,屋根裏などで越冬する。この間暖房が入ると室内を出歩き,これを踏みつぶしたりすると臭気が広がるので,いわゆる不快害虫の1つになっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クサギカメムシ

半翅(はんし)目カメムシ科の昆虫の1種。体長16mm内外。暗褐色地に不規則な淡褐色の斑紋が散在する。北海道を除く日本,朝鮮,中国大陸,台湾に分布。各種の低木にすみ,特にクサギの果実を好む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クサギカメムシ
くさぎかめむし / 臭木椿象
brown-marmorated stink bug
[学]Halyomorpha mista

昆虫綱半翅(はんし)目異翅亜目カメムシ科に属する1種。体長約16ミリメートル、体は暗褐色で、黄褐色の小紋を多くもつ。体色、とくに腹面には変化が多く、暗紫色や赤褐色を強く帯びることがある。日本では本州、四国、九州に分布し、平地から山地にかけて普通にみられる。クサギをはじめとして、モモ、ウメ、サクラ、クワなど、広範囲の樹木に寄生し、若い果実より吸汁して、落果や変形の害を与える。成虫態で越冬し、越冬期には家屋内に多数侵入することがある。臭気を分泌するため不快害虫として嫌われる。[林 正美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクサギカメムシの言及

【カメムシ(亀虫∥椿象)】より

… 山間部などで越冬時多くのカメムシ類が室内に侵入し,その臭気のため不快昆虫としてきらわれる。アオクサカメムシ,ナガメは野菜類の害虫として知られ,クロカメムシ,イネカメムシ,ミナミアオカメムシは稲の害虫として,また果樹類にはクサギカメムシ,チャバネアオカメムシなどがつき果実を害する。一般に草本の実を好む種類は,その好む熟度の実を求めて点々と植物を移動し,稲穂が乳熟期となると,稲穂に移ってきて斑点米の原因となる。…

※「クサギカメムシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クサギカメムシの関連キーワード異翅類臭木椿象椿象アオクサカメムシイネカメムシクロカメムシカメムシ(亀虫∥椿象)グンバイムシ(軍配虫)ツチカメムシ(土亀虫)ホシカメムシ(星亀虫)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クサギカメムシの関連情報