コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クサノオウ

3件 の用語解説(クサノオウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

クサノオウ

北海道〜九州,東アジアの平地の路傍,林の縁,草地に多いケシ科の二年草。全体的に粉白を帯びて縮れた短毛が多くはえ,傷つけると黄汁を出す。茎は分枝し高さ30〜80cm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

クサノオウ【Chelidonium majus L.var.asiaticum (Hara) Ohwi】

日本全土の人里付近の草地や石垣に生え,初夏に黄色の花をつけるケシ科の二年草(イラスト)。東アジアの温帯に広く分布する。草丈は50cm内外で,羽状に分裂する葉が互生する。全体的に粉白色を帯び,柔らかい。花は5~7月ころ,枝の先に散形花序となってつき,萼片2枚,花弁4枚,おしべ多数,めしべ1本からなる。花後,円柱形の蒴果(さくか)が細長く伸び,種子はアリによって散布される。茎や葉を切ると滲出(しんしゆつ)する橙色の液には,ケリドニンchelidonineなどのアルカロイドが含まれ,有毒。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クサノオウ
くさのおう / 草黄
[学]Chelidonium majus L. var. asiaticum Hara

ケシ科の越年草。道端などでごく普通にみられる。高さ約60センチメートル。茎、葉柄、葉脈上には白毛が生えている。茎や葉から黄色の汁が出る。クサノオウ(草黄)の名はそのことによる。葉は互生、1~2回の羽状複葉、裂片は鈍頭。5~6月、散形花序を出し、数個の黄色の花を開く。萼片(がくへん)は緑色で2枚、花弁は黄色で4枚。雄しべは多数、雌しべは1本。(さくか)は細長く、2裂する。漢方では全草を乾かしたものを白屈菜(はっくつさい)と称し、鎮痛、鎮痙(ちんけい)薬として用いられる。北海道から九州、さらに東アジアの温帯域に広く分布する。クサノオウ属は、4枚の花弁、多数の雄しべ、細長い果、乳液をもつ、などの特徴を備え、クサノオウのほかにヤマブキソウがある。[寺林 進]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クサノオウの関連キーワード草地青海苔珊瑚藻雀の苧小笥田の草人里犬薺田の草取り道灌山湿草地泥炭

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone