コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クスドイゲ Xylosma congestum (Lour.) Merr.

世界大百科事典 第2版の解説

クスドイゲ【Xylosma congestum (Lour.) Merr.】

日本の山野に自生する有刺イイギリ科の常緑小高木で,大きなものは高さ10m,直径30cmに達する。葉は互生し,革質卵形ないし楕円形,長さ4~8cm,先端はとがり,基部は円形または円状くさび形,ふちに鋸歯があり,側脈は4~6対。雌雄異株で,腋生(えきせい)の総状花序は長さ1~2cmで,夏に多数の小さい黄緑色の花をつける。萼(がく)片は4~6個。花弁はない。雄花には多数のおしべがあり,蜜を出す花盤がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クスドイゲ
くすどいげ
[学]Xylosma congestum (Lour.) Merr.

イイギリ科の常緑低木。高さ約3メートル、よく分枝し、小枝は刺(とげ)状となるものもある。葉は互生し、短い柄(え)があり、革質で毛はない。葉形は卵形で鋸歯(きょし)があり、先は鋭くとがる。雌雄異株。夏、葉腋(ようえき)から総状花序を出し、花柄は短く、小形の黄色花を開く。花被(かひ)は4~5枚、雄花は雄しべ多数で、雌花には1本の雌しべがある。果実は球形、黒色の液果で、萼(がく)は宿存し、2~3個の種子がある。近畿地方以西の本州、四国、九州、沖縄の海浜に生育し、中国、インドシナに分布する。[古澤潔夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クスドイゲの関連キーワードインドシナ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android