コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クスドイゲ Xylosma congestum (Lour.) Merr.

2件 の用語解説(クスドイゲの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クスドイゲ【Xylosma congestum (Lour.) Merr.】

日本の山野に自生する有刺のイイギリ科の常緑小高木で,大きなものは高さ10m,直径30cmに達する。葉は互生し,革質で卵形ないし楕円形,長さ4~8cm,先端はとがり,基部は円形または円状くさび形,ふちに鋸歯があり,側脈は4~6対。雌雄異株で,腋生(えきせい)の総状花序は長さ1~2cmで,夏に多数の小さい黄緑色の花をつける。萼(がく)片は4~6個。花弁はない。雄花には多数のおしべがあり,蜜を出す花盤がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クスドイゲ
くすどいげ
[学]Xylosma congestum (Lour.) Merr.

イイギリ科の常緑低木。高さ約3メートル、よく分枝し、小枝は刺(とげ)状となるものもある。葉は互生し、短い柄(え)があり、革質で毛はない。葉形は卵形で鋸歯(きょし)があり、先は鋭くとがる。雌雄異株。夏、葉腋(ようえき)から総状花序を出し、花柄は短く、小形の黄色花を開く。花被(かひ)は4~5枚、雄花は雄しべ多数で、雌花には1本の雌しべがある。果実は球形、黒色の液果で、萼(がく)は宿存し、2~3個の種子がある。近畿地方以西の本州、四国、九州、沖縄の海浜に生育し、中国、インドシナに分布する。[古澤潔夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クスドイゲの関連キーワード野草いいぎり山茶夕菅赤芽黐飯桐胡麻木柴刈冬山椒山辣韮

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone