コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クセノクラテス Xenokratēs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クセノクラテス
Xenokratēs

[生]前396/前395
[没]前314/前313
カルケドン生れのギリシアの哲学者。人格者として知られるアカデメイア第3代の学頭。哲学的にはプラトニズムからピタゴラス派に近づきその数論を重んじイデアと数を同一視した。彼はまた霊魂の不滅を教えダイモンについてのピタゴラス派の神秘的な教説に同調した。その倫理学は本質的にプラトン的であるが,彼は初めて哲学を論理学自然学,倫理学の3部門に区分した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クセノクラテス【Xenokratēs】

前396か395‐前314
古代ギリシアの哲学者。黒海沿岸のカルケドンに生まれ,プラトンのアカデメイアに学んだ。師の没後,アリストテレスらとともに小アジアに赴いたが,のちにアカデメイアの第3代学頭となった(前339‐前314)。志操堅固な人として名高く,年に1度しか学園から外出しなかったという逸話や,マケドニアに対する毅然たる態度などが伝えられている。プラトンの思想を忠実に保守し,それを体系化することに努めた。【藤沢 令夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クセノクラテス
くせのくらてす
Xenokrates
(前396ころ―前314ころ)

古代ギリシアの哲学者。小アジアのカルケドンの人。紀元前380年ごろアテネに出てプラトンに師事し、前339年から没するまでアカデメイアの第3代学頭を務めた。師説の忠実な後継者たらんとしたが、第2代学頭のスペウシッポスよりもさらに数学的傾向を強め、イデアと数とは同じものであると説いた。アリストテレスは彼らのことを「いまの人々にとっては数学が哲学となった」と嘆いている。また図式的体系を好み、知の対象は天空の外、感覚の対象は天空の内、天体そのものは臆見(おくけん)の対象、といった説をたてたらしい。[田中享英]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクセノクラテスの言及

【分類】より

…〈門〉は分類の最も大きい枠で,あと〈綱〉〈目〉〈科〉〈属〉〈種〉のほか〈族〉〈系〉〈界〉〈部〉〈略〉なども分類の枠を指す語として用いられた。 学問の分類は,プラトンの弟子のクセノクラテスが論理学,自然学,倫理学の三つに分け,アレクサンドリア時代に学問の分科が進んだので,ローマではこれを学ぶためにウァロが文法,論理学,修辞学,幾何学,算術,天文学,音楽,医学,建築学の9学科に分けた。5世紀にマルティアヌス・カペラが後の二つを落として自由七科ができた。…

【倫理学】より

…そして学の分類としては,最古のものでありながら現代にいたるまで一貫して有効性を保持してきたものに,いわゆる三分法がある。これは古アカデメイア学派のクセノクラテスに始まるといわれているが,それが明確に実現されたのはヘレニズム時代のストア学派においてのことである。そこでは学は自然学ta physika,倫理学ta ēthika,論理学ta logikaという三つに分類された。…

※「クセノクラテス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

クセノクラテスの関連キーワードビオン[ボリュステネス]アカデメイア[プラトン]ギリシア哲学史(年表)ゼノン[ストア]古アカデメイアクラントルフォキオンポレモン人格者