コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クッツェー クッツェー Coetzee, J. M.

3件 の用語解説(クッツェーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クッツェー
クッツェー
Coetzee, J. M.

[生]1940.2.9. 南アフリカ連邦ケープタウン
南アフリカ共和国の小説家,文芸評論家。フルネーム John Maxwell Coetzee。アフリカーナーボーア人)。英語で執筆。ケープタウン大学で学んだのちアメリカ合衆国で教育を受け,テキサス大学オースティン校からサミュエル・ベケットの研究で博士号を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クッツェー

南アフリカ共和国のアフリカーナーの作家。米国の大学に留学し,1972年以後ケープ・タウン大学で文学を教える。処女作《ダスクランド》(1974年)以後,《夷狄を待ちながら》(1980年),《マイケル・K》(1983年,ブッカー賞受賞),《敵あるいはフォー》(1986年),《ペテルブルグの文豪》(1994年)など,斬新なスタイルと祖国の状況への独自の視点をもつ作品を発表,英語圏を中心に海外でも常に注目を浴びている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クッツェー
くっつぇー
John Maxwell Coetzee
(1940― )

南アフリカの作家。白人系アフリカーナとしてケープタウンに生まれる。ケープタウン大学で英語学と数学を学び、1960年代初めにイギリスに渡り、コンピュータプログラマーとなった。さらにアメリカに移住してテキサス大学に学び、1983年までニューヨーク州立大学で英語学と文学を教えた。84年ケープタウン大学に戻り英文学教授となった。その後アメリカのシカゴ大学およびオーストラリアアデレード大学で教鞭(きょうべん)をとっている。
 クッツェーは英語学や文学に関する研究のほかに、1974年から作家として活動、西洋文明の合理主義を批判し、暴力や検閲の問題、人種問題の内側にあるものを巧みな構成力、示唆的な会話を用いて描いている。2003年にノーベル文学賞を受賞、南アフリカの作家としては1991年のゴーディマについで二人目の受賞であった。おもな作品には、最初の小説『ダスクランド』(1974)、映画化もされた『石の女』(1977)、イギリスのブッカー賞を受けた『マイケル・K』(1983)、『恥辱』(1999)などがある。[編集部]
『くぼたのぞみ訳『マイケル・K』(1989・筑摩書房) ▽赤岩隆訳『ダスクランド』(1994・スリーエーネットワーク) ▽村田靖子訳『石の女』(1997・スリーエーネットワーク) ▽鴻巣友季子訳『恥辱』(2000・早川書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クッツェーの関連キーワードブリンクナミビアアフリカーナーアフリカーナ南アフリカSWAPO南アフリカ連邦アフリカデー南アフリカワイン中央アフリカ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クッツェーの関連情報