コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クパン Kupang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クパン
Kupang

インドネシア南東部,ティモール島西部の中心町。ヌサトゥンガラティムール州州都。年平均気温 27.2℃,月降水量 3mm (8月) ~389mm (1月) 。クパン湾に面し,北西モンスーン時には安全な寄港地となるため,古くから交易の中心地として栄えた。牧畜,農業,漁業が行われ,コプラ皮革真珠貝が取引される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

クパン

インドネシア東部,ティモール島南西部の港湾都市。東ヌサ・テンガラ州の州都。クパン湾に面し東モンスーン時には安全な停泊地となるが,西モンスーン時には停泊できない。コプラ,皮革,木材,真珠貝などの取引地。ジャワ〜オーストラリア間の航空路要地。1681年オランダ人が創設。住民はキリスト教徒が多い。33万6239人(2011)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クパン【Kupang】

インドネシア東部,チモール島南西部にある港市。東ヌサ・テンガラ州の州都。人口約40万(1980)。1681年オランダが香料貿易の基地の一つとして建設した。クパン湾に臨むが,モンスーンの風向によっては港の機能が低下する。町はクニノ川により二分され,木材,コプラ,皮革,海産物の取引が盛ん。近年は旧ポルトガル領チモール併合の際の基地とされた。キリスト教徒が多い。東ヌサ・テンガラ大学がある。【別技 篤彦】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クパン
くぱん
Kupang

インドネシア東部、チモール島南西部の港市。同島の中心都市。人口5万2698(1971)。1681年、オランダの香料貿易基地の一つとして建設された。クパン湾に臨み、セマウ島を控えた良港であるが、港の機能はモンスーンの方向によって左右される欠点がある。市街は川によって二分され、新旧両市街が相対している。木材、皮革、コプラ、海産物の取引が盛んで、首都ジャカルタから空路が開かれている。ロティ島からの移住者が多い。[別技篤彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クパンの関連キーワードスティーブ マーティンエミリー モーティマーstick lineピンクパンサー2アルフィー バスクラッシュ症候群ダンテ アマラウロジャー ムーアインドネシア舞踊ジョホール海峡ピンクパンサースバンドリオクダ・クパン天野 美津子ジャン レノスナックパンエウゼビオ植田ゆう希松本 雅夫天野美津子

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android