コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クペールス Louis Marie Anne Couperus

世界大百科事典 第2版の解説

クペールス【Louis Marie Anne Couperus】

1863‐1923
オランダの小説家。ハーグに生まれる。父が当時のオランダ領東インドに司法官として在職したため少年期の数年をジャワ島で過ごし,帰国後ハーグの高等学校に学ぶ。はじめ詩を書いたが,やがて散文に専念し,出世作《エリネ・フェーレ》(1889)をはじめ次々に大作を発表し,繊細な自然主義的心理描写を特徴とする国際的作家として,没年に至るまで旺盛な執筆活動を続けた。一女性の生涯をテーマとした前述の《エリネ・フェーレ》に続く《小人物たちの書》4巻(1901‐03),《老人たち》(1906)などの代表作は作者自身の宿命観を基調として,おごりと因襲で退廃した当時のハーグの上流階級を描いたもの。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クペールス
くぺーるす
Louis Marie Anne Couperus
(1863―1923)

オランダの小説家。ムルタテューリ以後最大の作家。植民地の上級官吏の子として少年時代の数年間をジャワ島で過ごす。とくに心理小説に優れ、『エリーネ・フェーレ』(1889)、『小人物の書』4巻(1901~03)、『良き時代を懐古する老人たち』(1906)など、上流階級の黄昏(たそがれ)を描いた「ハーグ小説」の名作を発表。東インドの影響も顕著な『秘める力』(1900)もある。結婚後南フランスやイタリアに住み、地中海を舞台に退廃とペシミズムの色濃い一連の歴史小説『イスカンデル』(1920)などを書いた。[近藤紀子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクペールスの言及

【オランダ文学】より

…のちに社会主義に転じたホルテルの象徴詩《5月》(1889)は,この個人主義的革新運動の記念碑的作品である。〈80年代派〉とほぼ同時期に活躍した作家にクペールスハイエルマンスがある。クペールスは自然主義的心理描写を特色とする小説を書き,ハイエルマンスは《天佑丸》(1900)など社会問題をテーマとした写実主義の戯曲を発表して,ともに国際的名声を得た。…

※「クペールス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クペールスの関連キーワードイスカンデルオランダ文学6月10日

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android