コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クモノスシダ クモノスシダ Camptosorus sibiricus; walking fern

3件 の用語解説(クモノスシダの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クモノスシダ
クモノスシダ
Camptosorus sibiricus; walking fern

チャセンシダ科の小型の常緑性シダ植物で,日本を含めたアジアの北東部に広く分布している。石灰岩上に多く,ときには地上にも生える。葉は 15cm前後の細長い単葉で,先が次第に細くなりつる状に伸びて先端に1つの不定芽をつける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

クモノスシダ【Siberian walking fern】

湿った石灰岩上に多い常緑性の小さなシダで,チャセンシダ科のうちでまばらな網状脈をつくるのが特徴的(イラスト)。葉の先端がつる状に伸び,その先端に芽がでるので,クモの巣状に広がった群落をつくる。根茎は短く,ほぼ直立,黒褐色で格子状の鱗片をつける。葉は単葉で全縁,または不規則な波状縁,せまい披針形で,基部は広いくさび形。胞子囊群は網目をつくる脈に沿って散在し,ほとんど点状から5mm以上に長く伸びるものまである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クモノスシダ
くものすしだ / 蜘蛛巣羊歯
[学]Camptosorus sibiricus Rupr.

チャセンシダ科の常緑性シダ。直立する根茎から、長さ10センチメートルほどの狭披針(きょうひしん)形の単葉を束生する。葉の先はしだいに細くなってつる状に伸び、先端にしばしば不定芽を生じ、それが地について繁殖する。葉脈は粗く網状結合し、遊離脈はないが、葉縁では遊離脈となる。胞子嚢(ほうしのう)群は細長く、不規則に散在する。包膜も線形。全国各地の、おもに石灰石上に生育する。[西田 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクモノスシダの言及

【石灰植物】より

…石灰岩地帯にはほとんど分布しない植物を嫌石灰植物calcifugeというのに対して,好石灰植物ともいう。分布のしかたからみて,石灰植物にはイチョウシダ,クモノスシダのように石灰岩地帯には広く分布するが,それ以外ではみられず,石灰岩地帯に限られるものと,イワシデ,ヤマシャクヤクのように石灰岩地帯に多いが他の母岩にもみられるものがある。石灰植物のうちトダイハハコ,シライワコゴメグサなどは近縁植物とは変種程度の差しかなく石灰岩地帯で比較的新しく分化したものと考えられるが,チチブミネバリのように近縁植物がみられないものは分化が古いと考えられる。…

※「クモノスシダ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クモノスシダの関連キーワードアロダピック石灰岩現地性石灰岩パラ石灰岩ステロフィティック石灰岩レセプター石灰岩結晶質石灰岩メタ石灰岩オオクボシダ石灰植物ホングウシダ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone