コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラフトパルプ kraft pulp

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラフトパルプ
kraft pulp

化学パルプの一つ。木材を原料としてカセイソーダ硫化ソーダなどの混合した蒸煮液を用いてつくる。蒸煮液がアルカリ性なので,木部繊維質がそこなわれず,強靭なパルプができる。特に漂白しないものはきわめて強く,クラフト紙,重包装用にされ,漂白したさらしパルプは上質紙,板紙などとして使用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

クラフトパルプ【kraft pulp】

化学パルプの一。主に針葉樹のチップを水酸化ナトリウムと硫化ナトリウムの混合液で処理して得られるパルプ。硫酸塩パルプ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラフトパルプ
くらふとぱるぷ
kraft pulp

木材などを原料としてクラフト法で製造した化学パルプ。略称KP。強度は大きく、茶褐色で白色度が低く、やや難漂白性であるが、多段漂白法の出現により大量の晒(さらし)クラフトパルプが生産されるようになった。クラフト法は、水酸化ナトリウムと硫化ナトリウムの混合液を蒸解薬液として、木材チップ等のセルロース原料を150~190℃で蒸解(煮てパルプ化すること)してパルプを製造する方法である。原料の種類によりパルプの収率は45~55%、パルプ製造の際に濃厚なパルプ廃液が大量に副生するが、硫酸ナトリウムを補給して濃縮し還元雰囲気中で燃焼することにより蒸解薬液が回収できるので、クラフト法を硫酸塩法(サルフェイト法)ともいう。その際パルプ工場で使う蒸気も電力も回収可能となり、燃料をほとんど購入する必要がなくなったため、経済的にも優れている。
 クラフト法では針葉樹材、広葉樹材の別なく広く各種原料をパルプ化できる利点がある。得られるパルプはペントサン(ペントースの重合体)の含有量が多くパルプ収率が高いため、得られる紙は強度があるが、欠点としては不透明度が低いことがある。この傾向はとくに広葉樹を原料とするパルプで顕著である。そのため、このパルプから印刷用紙を製造するときは、通常、炭酸カルシウムや陶土の填料(てんりょう)を多く添加して裏抜け(印刷文字が紙の裏に透けて見えること)を防ぐ。
 クラフトパルプは強度に優れるが、とくに針葉樹、それも未晒パルプにおいて著しい。そのため、このパルプでつくった紙(クラフト紙)はとくにセメントや米などの重量物を入れる重包装の紙袋製造に用いられる。[御田昭雄]
『紙パルプ技術協会編・刊『クラフトパルプ』(1996)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクラフトパルプの言及

【パルプ】より


[化学パルプ]
 繊維間を結合しているリグニンを薬品で溶解させてパルプとするので,カラマツのように溶解しやすい成分の多い木はパルプの収率が低く,不適当である。(1)クラフトパルプ(硫酸塩パルプ,サルフェートパルプ) 以前は未漂白のまま使う濃茶色のパルプをクラフトパルプ,漂白して使用するようなクラフトパルプを硫酸塩パルプと使い分けていたが,今日ではほとんど区別していない。クラフトパルプは苛性ソーダと硫化ナトリウムを主成分とする薬液をチップに加え,約170℃に加熱してリグニンおよび一部のヘミセルロースを溶出して作る。…

※「クラフトパルプ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クラフトパルプの関連キーワードジョージア=パシフィック溶解クラフトパルプレザーペーパー亜硫酸パルプ硫酸塩パルプインディア紙ソーダパルプ製紙用パルプカーボン紙ハトロン紙電気絶縁紙溶解パルプ印刷用紙段ボールロール紙丸住製紙トール油大王製紙再生紙針葉樹

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android