クラブント(英語表記)Klabund

  • 1890―1928

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1890.11.4. クローセン
[没]1928.8.14. ダボス
ドイツの詩人,小説家,劇作家本名 Alfred Henschke。初め詩人として,印象主義と表現主義の橋渡しの役割をつとめた。ハイネリルケに近い作風の詩集のほか,小説『モロー』 Moreau (1916) ,『ブラッケ』 Bracke (18) ,中国の物語に基づいた戯曲白墨の輪』 Kreidekreis (24) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

1890‐1928
ドイツの詩人,劇作家,物語作家。本名ヘンシュケAlfred Henschke。G.ベン級友。20世紀ドイツのボヘミアン(放浪)文士のなかで,赤裸々な人間性を鋭く暴くとともに,純粋な抒情性を表現した希有の詩才の一人。フランスの詩人F.ビヨンの志向の現代における体現者。彼自身ビヨンを愛し,その後を自認した。各地を遍歴し,中国の戯曲《灰蘭記》を脚色した《白墨の輪》(1924)や日本の詩の翻案によって知られていたが,それは単なるエキゾティシズムではなく,社会の底辺に住む人間のペーソスを歌ったものだった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドイツの詩人、小説家。本名アルフレート・ヘンシュケ。表現主義の影響を受けた叙情詩や小説を発表し、カバレット(ドイツ風キャバレー)・シャンソンでは軽妙な社会風刺を展開。ダボスでの闘病生活から生まれた小説『病気』(1917)では療養地の退廃的雰囲気を描いた。また英仏語訳を通じて知った東洋文学の翻案・改作に手腕を発揮し、なかでも中国の劇に倣った『白墨の輪』(1924)が成功を収めた。[横塚祥隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

20世紀西洋人名事典の解説


1890 - 1928
ドイツの詩人,小説家。
本名アルフレート ヘンシュケ。
G.ベンの級友で、詩人F.ヴィヨンの子孫と自称する。ボヘミアン文士の典型で叙情詩や小説を発表し、又、東洋文学の翻案で知られ特に中国の戯曲を脚色した「白墨の輪」(1924年)は成功する。女優ネーアーは2番目の妻である。他の作品に小説「病気」(’17年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android