コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラブント クラブント Klabund

5件 の用語解説(クラブントの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラブント
クラブント
Klabund

[生]1890.11.4. クローセン
[没]1928.8.14. ダボス
ドイツの詩人,小説家,劇作家。本名 Alfred Henschke。初め詩人として,印象主義表現主義橋渡しの役割をつとめた。ハイネ,リルケに近い作風の詩集のほか,小説『モロー』 Moreau (1916) ,『ブラッケ』 Bracke (18) ,中国の物語に基づいた戯曲『白墨の輪』 Kreidekreis (24) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クラブント

ドイツの小説家,詩人。本名Alfred Henschke。ビヨンの後継と自称,抒情詩表現主義の小説で繊細な神経と感受性を示す。中国やペルシアの作品の翻訳も行い,中国の戯曲《灰蘭記》の翻案《白墨の輪》などが知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

クラブント【Klabund】

1890‐1928
ドイツの詩人,劇作家,物語作家。本名ヘンシュケAlfred Henschke。G.ベンの級友。20世紀ドイツのボヘミアン(放浪)文士のなかで,赤裸々な人間性を鋭く暴くとともに,純粋な抒情性を表現した希有の詩才の一人。フランスの詩人F.ビヨンの志向の現代における体現者。彼自身ビヨンを愛し,その後裔を自認した。各地を遍歴し,中国の戯曲《灰蘭記》を脚色した《白墨の輪》(1924)や日本の詩の翻案によって知られていたが,それは単なるエキゾティシズムではなく,社会の底辺に住む人間のペーソスを歌ったものだった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラブント
くらぶんと
Klabund
(1890―1928)

ドイツの詩人、小説家。本名アルフレート・ヘンシュケ。表現主義の影響を受けた叙情詩や小説を発表し、カバレット(ドイツ風キャバレー)・シャンソンでは軽妙な社会風刺を展開。ダボスでの闘病生活から生まれた小説『病気』(1917)では療養地の退廃的雰囲気を描いた。また英仏語訳を通じて知った東洋文学の翻案・改作に手腕を発揮し、なかでも中国の劇に倣った『白墨の輪』(1924)が成功を収めた。[横塚祥隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀西洋人名事典の解説

クラブント
Klabund


1890 - 1928
ドイツの詩人,小説家。
本名アルフレート ヘンシュケ。
G.ベンの級友で、詩人F.ヴィヨンの子孫と自称する。ボヘミアン文士の典型で叙情詩や小説を発表し、又、東洋文学の翻案で知られ特に中国の戯曲を脚色した「白墨の輪」(1924年)は成功する。女優ネーアーは2番目の妻である。他の作品に小説「病気」(’17年)など。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クラブントの関連キーワード西ドイツヒルデスハイマー劇作家統一ドイツ影のない女ドイツの小さな町ナクソス島のアリアドネ永松武雄山崎紫紅ケーゼクーヘン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone