コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラレンドン法 クラレンドンほうConstitutions of Clarendon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラレンドン法
クラレンドンほう
Constitutions of Clarendon

イングランド王ヘンリー2世が 1164年1月クラレンドンの聖俗貴族の大集会で定めた一連の制定法。聖職任免に関する争い,聖職者俗人との土地に関する係争などを国王裁判所の所管とし,また司教により有罪とされた聖職者の州裁判所への引き渡しなどが規定された。教会に対する国王の権力の拡大を意図したもので,これにより国王と大司教トマス・ベケットとの闘争が生じ,トマス・ベケットは殉教した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラレンドン法
くられんどんほう

1164年、イギリスのクラレンドンClarendonにおける会議で、国家と教会との関係を成文化して制定した法律。国王ヘンリー2世は、立法者であると同時に偉大な行政家であったが、1162年大司教テオバルドの没後、トマス・ベケットをその後任とした。これは教会を国王に恭順ならしめようとの政策であったと思われる。しかし、ベケットは教会の権威を主張して国王としばしば衝突した。その結果、64年に16か条からなるこの法律が制定された。従来教会に属していた裁判権とその他の権限を国王へ移譲し、教会の力を制限するものであった。その争点は、(1)聖職者の国外退去の制限、(2)国王の許可なく教皇庁に上訴することの禁止、(3)国王の封臣や官吏を破門することの禁止、(4)司教は叙階に先だって国王に臣従の礼を誓うこと、などの諸条文であった。ベケットは強要されたことを理由に同意を撤回し、国王の怒りを買い、フランスへ亡命した。このことは、当然教皇および教会側の反発を呼び起こした。これは、教会史上、教会と国家との法的関係を規定するに至った重要なできごとであった。[朝倉文市]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クラレンドン法の関連キーワードベケット(Thomas à Becket)アングリカン・チャーチクラレンドン(伯)アレクサンデル3世ヘンリー(2世)王政復古(世界)チャールズ2世イギリス史礼拝統一法非国教徒騎士議会

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android