コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラレンドン法 クラレンドンほう Constitutions of Clarendon

2件 の用語解説(クラレンドン法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラレンドン法
クラレンドンほう
Constitutions of Clarendon

イングランド王ヘンリー2世が 1164年1月クラレンドンの聖俗貴族の大集会で定めた一連の制定法。聖職任免に関する争い,聖職者と俗人との土地に関する係争などを国王裁判所の所管とし,また司教により有罪とされた聖職者の州裁判所への引渡しなどが規定された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラレンドン法
くられんどんほう

1164年、イギリスのクラレンドンClarendonにおける会議で、国家と教会との関係を成文化して制定した法律。国王ヘンリー2世は、立法者であると同時に偉大な行政家であったが、1162年大司教テオバルドの没後、トマス・ベケットをその後任とした。これは教会を国王に恭順ならしめようとの政策であったと思われる。しかし、ベケットは教会の権威を主張して国王としばしば衝突した。その結果、64年に16か条からなるこの法律が制定された。従来教会に属していた裁判権とその他の権限を国王へ移譲し、教会の力を制限するものであった。その争点は、(1)聖職者の国外退去の制限、(2)国王の許可なく教皇庁に上訴することの禁止、(3)国王の封臣や官吏を破門することの禁止、(4)司教は叙階に先だって国王に臣従の礼を誓うこと、などの諸条文であった。ベケットは強要されたことを理由に同意を撤回し、国王の怒りを買い、フランスへ亡命した。このことは、当然教皇および教会側の反発を呼び起こした。これは、教会史上、教会と国家との法的関係を規定するに至った重要なできごとであった。[朝倉文市]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クラレンドン法の関連キーワードヘンリーオンテムズマティルダノルマン征服THE TUDORS 背徳の王冠ヘンリー[2世]ヘンリー[4世]ヘンリー[8世]ジョン・オブ・ゴーントスティーブン[ブロアの]イングランド王国

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone