コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリスティアン[4世] クリスティアン

2件 の用語解説(クリスティアン[4世]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

クリスティアン[4世]【クリスティアン】

デンマーク・ノルウェー国王(在位1588年―1648年)。ドイツ新教徒援助を名目に三十年戦争に介入して敗北。バルト海権益をめぐりスウェーデンと争い(1643年―1645年),敗れてゴトランド島エーゼル島を割譲。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

クリスティアン[4世]【Christian IV】

1577‐1648
デンマーク・ノルウェー王。在位1588‐1648年。カルマル戦争(1611‐13),三十年戦争(このうち1625‐29),トーステンソンTorstenssonの乱(1643‐45)に北欧の覇権をめざして派兵。結局,スウェーデンとの戦いに敗れ,1645年のブレムセブルーの和議でバルト海上のゴトランド島やエーゼル島,ノルウェー内陸のイェムトランドをスウェーデンに譲渡した。商工業を育成し,多くの有名な建築物が彼の命によって建造され,そのオランダルネサンス風の建築様式は〈クリスティアン4世様式〉と呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のクリスティアン[4世]の言及

【オスロ】より

…その後ハンザ同盟都市(とくにロストク)の進出,デンマークとの連合,ペストの大流行等のため急速に衰退。1624年大火の後,デンマーク・ノルウェー王クリスティアン4世は旧市(現オスロ市の南東部ガムレビューエン)を放棄し,その西部に新市クリスティアニアChristiania(Kristiania)の建設を決めた。17~18世紀に海運業と木材取引によって通商の中心地となる。…

【三十年戦争】より

…これによってボヘミアは再びハプスブルク家の支配下に入ったが,それに続いて皇帝は反乱に荷担した新教派諸侯軍を各地に破り,スペイン軍もファルツ領に侵入して,イタリアとネーデルラント間の軍隊輸送路を確保した。
[デンマーク戦争(1625‐29)]
 デンマーク王クリスティアン4世はこのドイツの内乱につけこみ,イギリス,オランダの援助の約束を得た上で,1625年北ドイツに侵入した。苦境に陥った皇帝にとってこのとき救世主の役割を果たしたのはワレンシュタインであった。…

【デンマーク】より

…カルマル同盟はデンマークの優位を前提としており,以後スウェーデンは1448年から幾度かの分離を繰り返して最終的には1523年のグスタブ1世の即位まで,ノルウェーは1814年まで,いずれもデンマークの支配下におかれることになる。 1448年,オルデンブルクのクリスティアン1世Christian I(在位1448‐81)が国務院から王に推戴され,彼はオレンボー朝の開祖となる。次王ハンスHans(在位1481‐1513)は,79年にコペンハーゲン大学を設立した。…

※「クリスティアン[4世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クリスティアン[4世]の関連キーワードクヌートクリスチャンデンマーク語ノルウェー語ノルトビジョン北海北欧デンマーク連合王国クローネ(Krone)ノルウェー・クローネ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone