コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリノリン crinoline

翻訳|crinoline

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリノリン
crinoline

下着の一種元来,19世紀なかばに登場する馬毛 crinと麻の混紡地を使ったスカートを広げるためのアンダースカートを意味したが,のちには材料いかんにかかわらず,この期の大きくふくらんだスカートやその腰枠をさすようになった。形,材料などから多様な種別がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

クリノリン(crinoline)

スカートを張らせるためのアンダースカートおよびその材料。丸い輪の形をしたかごのように作った枠に布などを張ったもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

クリノリン

19世紀中ごろスカートを広げるために考案されたアンダー・スカートのこと。堅い布地に鯨のひげなどをつけて張りを出したもので,スカートをピラミッド形に大きく形づくった。
→関連項目スカート

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クリノリン【crinoline】

ヨーロッパ,アメリカで1840年ころから70年ころまで流行した半円球形スカートのためのペティコート。語源は,毛を意味するラテン語crinisに由来し,馬の毛や鯨のひげを入れて固く織った木綿,麻などでつくられた。1850年代には,細い鋼鉄製の骨組みだけの鳥籠状ケージ・ペティコートもあらわれ,歩くとバネ仕掛けのように揺れた。クリノリンの下にはシュミーズや,下ばきとしてパンタロンを着け,胴はコルセットで締めつけていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

クリノリン【crinoline】

スカートを広げるためのペチコート。また、そうして広げたスカート。一九世紀後半に流行。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クリノリン
くりのりん
crinoline フランス語 英語

19世紀の後半、西欧の婦人が用いた、スカートを広げるためのアンダースカート、または腰枠のこと。
 語源はラテン語のクリニスcrinis(髪、尾)とリヌムlinum(亜麻(あま)、麻布)の合成語。イタリア語に入ってクリノリノcrinolino、フランス語でクリノリーヌ、英語でクリノリンと発音する。1830年前後にヨーロッパに登場し、50年ごろ大流行となった。初め馬毛だけ、のちに綿、麻、ウールと混紡されるようになった。56年に人工クリノリンartificial clinolineが開発された。これは籠(かご)形ペチコートともいわれ、鯨骨、針金、ぜんまいなどを使用したものであり、さまざまなシルエットのスカートを支えていた。[菅生ふさ代]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クリノリンの関連キーワードカラー(服の首回り)クリノリンドレスファンデーション性(sex)ペチコートシルエットショールバッスルフープ下着

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android