コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリプトコックス症 くりぷとこっくすしょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クリプトコックス症
くりぷとこっくすしょう
cryptococcosis

真菌の一種であるクリプトコックス・ネオフォルマンスCryptococcus neoformans(フィロバシデエラ・ネオフォルマンスFilobasidiella neoformans)によって引き起こされる亜急性ないし慢性の疾患。原因となるクリプトコックス・ネオフォルマンスは広く世界中に存在するため、この病気は広い地域に流行がある。
 通常、飛沫(ひまつ)感染により肺臓に吸入、呼吸器部位に病巣が形成される。一過性の経過をたどることが多いが、ときとして、肺臓からこの酵母が血行性に運ばれ、全身感染に進行する場合がある。なかでも、髄膜や脳実質など中枢神経系の部位に感染、この病原体が繁殖し、髄膜炎となることが多く知られている。また、皮膚や粘膜の傷口などより感染がみられ、この場合は皮膚や筋肉に限局的な病巣をつくることがある。エイズ(AIDS)、白血病や悪性リンパ腫(しゅ)など先行疾患があり、細胞性免疫が低下した場合、二次的クリプトコックス症とよばれる症状となる。これは急激な全身性感染症で致死的なことが多い。[曽根田正己]
『池本秀雄監修『目で見る深在性真菌症』(1993・メディカルレビュー社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のクリプトコックス症の言及

【クリプトコックス】より

…発酵性はもっていない。クリプトコックス・ネオフォルマンスC.neoformansは,ヒトに寄生してクリプトコックス症を引き起こす病原菌である。このクリプトコックス・ネオフォルマンスは,円形をしており,莢膜を除くと4~8μmの直径をもっている。…

※「クリプトコックス症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クリプトコックス症の関連キーワードクリプトコッカス症人獣共通伝染病皮膚真菌症酵母菌類肺真菌症エイズ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android