クリミアコンゴ出血熱(読み)クリミアコンゴシュッケツネツ

デジタル大辞泉の解説

クリミアコンゴ‐しゅっけつねつ【クリミアコンゴ出血熱】

Crimean-Congo hemorrhagic fever》クリミア‐コンゴウイルスの感染による病気。感染症予防法の1類感染症、検疫法の検疫感染症の一。1944年ウクライナのクリミア地方で、1956年にコンゴで集団感染が発生。2~9日くらいの潜伏期間の後、高熱・頭痛・腰痛・結膜炎・咽頭炎、消化器官の出血による下血などが起こり、死亡することもある。ヤギ・ヒツジ・牛などが宿主で、ダニを介して感染することが多い。CCHF

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クリミアコンゴ出血熱の関連情報