コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリミアコンゴ出血熱 クリミアコンゴシュッケツネツ

デジタル大辞泉の解説

クリミアコンゴ‐しゅっけつねつ【クリミアコンゴ出血熱】

Crimean-Congo hemorrhagic fever》クリミア‐コンゴウイルスの感染による病気。感染症予防法の1類感染症、検疫法の検疫感染症の一。1944年ウクライナのクリミア地方で、1956年にコンゴで集団感染が発生。2~9日くらいの潜伏期間の後、高熱・頭痛・腰痛・結膜炎・咽頭炎、消化器官の出血による下血などが起こり、死亡することもある。ヤギ・ヒツジ・牛などが宿主で、ダニを介して感染することが多い。CCHF

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

クリミアコンゴ出血熱の関連キーワード「伝染病予防法」から「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」へ感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律クリミア‐コンゴ出血熱感染症指定医療機関ウイルス性出血熱感染症予防医療法マダニ感染症学校感染症学校伝染病新興感染症生物剤出血熱

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android