コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリュチェフスキー クリュチェフスキーKlyuchevskii, Vasilii Osipovich

3件 の用語解説(クリュチェフスキーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリュチェフスキー
クリュチェフスキー
Klyuchevskii, Vasilii Osipovich

[生]1841.1.28. ペンザ,ボズネセンスコエ
[没]1911.5.25. モスクワ
ロシア帝政期の代表的歴史家。貧しい村の司祭の子として生れ,神学校に学んだが,自由な研究に憧れてモスクワ大学で歴史を学んだ。 1865年卒業し,モスクワで教職につくかたわら研究を続け,79年モスクワ大学の講師,82年教授となり,ロシア史の各時代にわたって多くの著書,論文を残した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クリュチェフスキー【Vasilii Osipovich Klyuchevskii】

1841‐1911
ロシアの歴史家。ペンザ県の聖職者の家に生まれ,ペンザ神学校を経て,1865年モスクワ大学歴史・文献学部卒業。《歴史史料としての古代ルーシ聖者伝》(1872),学位論文《古代ルーシの貴族会議》(1882)などの業績をあげ,82年から師のS.M.ソロビヨフのあとをついでモスクワ大学教授となる。皇帝や貴族の動きを中心とする政治史を重視していた従来の研究傾向(国家学派)に対して,社会・経済史を重視し,《ロシアにおける農奴制の起源》(1885)などを発表した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クリュチェフスキー
くりゅちぇふすきー
Василий Осипович Ключевский Vasiliy Osipovich Klyuchevskiy
(1841―1911)

帝政時代のロシアの代表的歴史家。ペンザ県の農村の聖職者の家に生まれ、モスクワ大学を卒業(1865)。1882年『古ロシアのボヤールスカヤ・ドゥーマ』で博士号を取得するとともに、モスクワ大学のロシア史の教授に就任。その講義は彼の雄弁や機知と相まって多くの学生を魅了し、『ロシア史講義』4巻(1904~11)として出版された。古代から19世紀までのロシア史を扱ったこの著作は、日本語を含めいくつかの外国語にも訳された。彼の歴史観は、歴史における国家の役割を重視する同時代のそれとは異なり、社会経済的要素を重くみるもので、とくにロシア史における「拓殖」の意義を強調するものであった。[外川継男]
『八重樫喬任訳『ロシア史講話』全5巻(1979~83・恒文社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クリュチェフスキーの関連キーワード天保の改革ウィリアムHハリソン田代毅軒名見崎徳治(3代)スピロサイト新聞小説探偵小説猿若三座中浜(ジョン)万次郎渡辺崋山

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone