コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリーム cream

翻訳|cream

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリーム
cream

化粧品の一種。形状は脂肪油,油ろう,水,乳化剤を混合した固形状の乳化物である。配合する原料により,油性,無油性,およびその中間性のものに分類できる。またその用途によって,(1) 肌や毛髪を保護し潤いを与える栄養クリーム ルブリケーティングクリーム,バニシングクリームヘアクリーム,ハンドクリーム,(2) メーク・アップ用のなめらかな土台をつくる化粧用クリーム ファンデーションクリーム,(3) 肌のよごれを落す衛生洗浄クリーム クレンジングクリームコールドクリームなどがある。しかし多くのクリームはこれらの3つの機能が重なり合って作用しており,単独に機能するものは少い。このほかに特別な目的に使用するものとして漂白クリーム,日焼けどめクリーム,ニキビ・吹出物用クリーム,男性用シェービングクリームなどがある。

クリーム
cream

牛乳から分離させた乳脂肪をいう。牛乳中の脂肪は他の乳成分より軽いので容器に入れて静置しておくと次第に浮上して黄白色の層が分離してくる。この部分がクリームであるが,今日ではクリームセパレーターにより遠心力で分離し,バターアイスクリームなどの原料,あるいは市販クリームとして料理,製菓に用いる。酸度 0.2%以下,乳脂肪 18.0%以上のものがクリームと規格づけられているが,使用目的によりその脂肪含量が異なる。市販クリームとしてはホイップクリーム,コーヒークリーム,プラスチッククリーム,サワークリームなどの種類がある。ホイップクリームは比較的脂肪含量の高いもので,一定の条件下で攪拌することにより微細な気泡をクリーム中に吹込み,泡立ったままの状態で安定化させてある。調理用,喫茶用,製菓用として需要が多い。コーヒークリームはテーブルクリームとも呼ばれ,脂肪含量 20~30%のもので,コーヒーに入れた場合,フェザリングと呼ばれるカードを生成し,コーヒーの風味をまろやかにする。プラスチッククリームは脂肪 80~90%の含有量の高いもので,冷却によって固形状になるのでこの名がつけられている。おもに製菓用。サワークリームは純乳脂肪の生クリームに乳酸菌を加えて発酵させたもので,酸味があるのが特徴で,スープや煮込み料理などおもに調理用である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

クリーム(cream)

牛乳からとれる黄白色のどろっとした脂肪質。成分は乳脂肪・水分・たんぱく質乳糖などで、乳脂肪分18.0パーセント以上のもの。バター・菓子の製造や料理・コーヒーなどに用いる。乳脂。生クリーム。クレーム
カスタードクリームのこと。
凝乳状の基礎化粧料。油性と水性の2タイプがある。皮膚の保護、髪の手入れなどに用いる。「ヘアクリーム
靴墨のこと。靴クリーム。
クリーム色」の略。
アイスクリーム」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

クリーム

 牛乳を静置すると浮上してくる成分で,脂肪に富む画分.バターの製造その他,種々の目的に利用される.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

クリーム【cream】

①牛乳のなかの脂肪分を分離した、乳白色で濃度のある液体。◇「乳及び乳製品成分規格等に関する省令」という厚生省(現厚生労働省)の省令では、乳脂肪分18%以上のものとしている。
洋菓子やパンに用いられる、とろっとした甘みのある食品。①に砂糖を加えて泡立てたもののほか、カスタードクリームバタークリームなどがある。
◆①や①を泡立てたものは「生クリーム」ともいう。
③「アイスクリーム」の略。「クリームソーダ」「クリームあんみつ」など、複合語の形で用いることが多い。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クリーム【cream】

牛乳からとった食用のクリームと化粧品のクリームがある。語源は,キリスト教で洗礼の儀式に使う聖油や聖膏を意味するラテン語chrismaにちなむ。
【食用のクリーム】
 牛乳の脂肪は微細な脂肪球の形で分散している。この脂肪分を集めた黄白色の液体がクリームである。脂肪は比重が軽いので牛乳を静置しておいても浮上し,クリーム層ができる。しかし静置法は時間がかかり,脂肪の分離も不完全なので,現在は遠心力を利用したクリームセパレーター(クリーム分離機)が用いられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

クリーム【cream】

〔クレームとも〕
牛乳からとれる脂肪質。黄白色の乳液状で、バター・アイス-クリームなどの原料とし、調理にも用いる。 「 -をホイップする」
卵・牛乳・砂糖などでつくった、淡黄色のねっとりした食品。カスタード-クリームなど。 「 --パン」
アイス-クリームの略。 「 --ソーダ」
肌や髪の手入れに用いる基礎化粧品。乳剤・油脂・蠟ろうおよびグリセリンなどを合わせて乳化させたもの。コールド-クリーム、バニシング-クリームなど。
「クリーム色」の略。
靴墨。靴クリーム。
ロック-バンド名(別項参照)。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のクリームの言及

【乳】より

…習慣づけられたのか,自発的に縦列に並ぶヤギの例もトルコにある。 乳の加工技術は一見,道具やいくつかの手法の組合せで,多様にみえるが,基本的には,(1)乳酸発酵させて,凝乳化させる酸凝乳技術系,(2)子の第四胃からとった凝固剤を入れて,凝乳化させる酵素凝乳技術系,(3)放置して浮上したクリームを分離し,のちに攪拌(かくはん)してバターを分離するクリーム分離技術系とに分けられる。(1)はヨーグルト,(2)はチーズ,(3)はクリームによって代表される。…

【ロック】より

…(2)ブルース・ロックblues rock 1960年代なかば,イギリス,アメリカ両方で,本来は黒人音楽だったブルースを,好んで演奏する白人ギタリストが人気を集めた。イギリスのエリック・クラプトンEric Clapton(1945‐ )がその好例で,彼を中心にした3人組クリームThe Creamは,わずか2年の活動ののち68年に解散したが,イギリスのロック史に不滅の足跡を残した。同じころアメリカで人気の高かったブルース・ロックのバンドに,ポール・バタフィールド・ブルース・バンドThe Paul Butterfield Blues Bandがあった。…

※「クリーム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クリームの関連キーワードビスケッティ クリームサンドアソートロングセラー ウテナクリームトップス チョコレートケーキコエンリッチQ10ホワイトエピラット メンズエステアイスクリームソーダミルキーチョコレートビオレ ボディデリ酒石酸水素カリウムミルクチョコレートクロッテドクリームブレミッシュバームクリーム(化粧品)ベキュア ハニーロイヤルシリーズホワイトシチュー脂肪置換クリームザ・カルシウム三元自動分離機ソフトクリーム

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クリームの関連情報