コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルマバナ

2件 の用語解説(クルマバナの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

クルマバナ

北海道〜九州,東アジアに分布し,山地や原野にはえるシソ科の多年草。茎は方形で,高さ30〜80cm,長さ3〜6cmの卵形の葉を対生する。夏,茎の上部に淡紅色の唇形(しんけい)花を数段に輪生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クルマバナ
くるまばな / 車花
[学]Clinopcdium chinense (Benth.) O. Kuntze var. parviflorum (Kudo) Hara

シソ科の多年草で、日当りのよい道端に生える。茎は高さ30~80センチメートルまばら下向きの毛がある。葉は対生し、長卵形で長さ2~4センチメートル、鋸歯(きょし)があり、基部は円くて短い柄がある。花は8~9月ごろ枝の上部の葉腋(ようえき)に輪状に密につき、線形で粗い毛の生えた包葉に抱かれる。花冠は淡紅紫色で長さ8~10ミリメートル、二唇形となり、下唇は大きくて3裂し、内側に紅点がある。和名は花の集まりを車輪に見立てたもの。千島南部から日本、朝鮮半島にかけて分布する。[村田 源]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクルマバナの言及

【トウバナ(塔花)】より

…ミヤマトウバナC.sachalinense (Fr.Schm.) Koidz.は山の木陰に生え,やや大型で花穂は長く,多くの花輪があり,近畿地方以北の本州,北海道,千島列島,サハリンに分布する。クルマバナC.chinense (Benth.) O.Kuntz. var.parviflorum (Kudo) Haraは山野の道端に普通にあり,高さ20~80cm,花は紅紫色で大きく,萼の上唇は細長くとがる。日本,南千島,朝鮮に分布する。…

※「クルマバナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クルマバナの関連キーワードアケビウグイ葦鴨軽鴨烏秋頬赤ウドオニユリノビルフキ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone