コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレアンテス Kleanthēs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレアンテス
Kleanthēs

[生]前331/前330. トロイ,アッソス
[没]前232/前231
ストア派の哲学者。アテネにおもむき,毎晩水運びなどをして生計を立てながらテーベクラテスゼノンに学んだ。のちゼノンを継いでストア派学頭となり師説の普及に努めた。彼は有徳の行為は現実性の認識によってのみ可能であるとし,意志力を重視してあらゆる徳の源泉とみなした。また彼は宇宙を生物体として太陽 (心臓部) は宇宙の霊魂である神の住居と考えた。著書『ゼウスの賛歌』が現存する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

クレアンテス

古代ギリシア,ストア学派の哲学者。キプロスのゼノンの後継者。同学派の教説に形而上学的・宇宙論的基盤を与え,後世宗教哲学に大きな影響を与えた。《ゼウス賛歌》の断片伝存

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クレアンテス【Kleanthēs】

前330ころ‐前231ころ
ストア学派の哲学者。キプロスのゼノンを継いで第2代の学頭になり,実践に傾きがちだったストアの学説に形而上学的,宇宙論的,神学的基礎を与えた。宇宙は生ける全体であり,〈神〉とはエーテル(アイテル)として宇宙に充溢(じゆういつ)する生命力であると考えた。宇宙の中でいっさいは相互に関連していることから〈摂理〉の理念に達し,後世の宗教哲学に多大の影響を与えた。《ゼウス賛歌》の断片が残っている。【大沼 忠弘】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クレアンテス
くれあんてす
Kleanths
(前331ころ―前232ころ)

古代ギリシアのストア学派の哲学者。小アジアのアッソスの生まれ。ゼノンの後を継いでストア第2代の学頭となった。貧困のため、昼間は哲学を学び、夜間は庭園の水くみをして暮らしをたてたという。言行一致の人で、同じ教説を長く守った。自然学では進歩が遅く学友からロバと嘲(あざ)けられたが、「確かにゼノンの荷を背負って行けるのは私だけだろうよ」と答えた。年老いて歯医者に絶食を命ぜられたが、治癒したのちも「私はすでに道の果てにきている」と食を断ち続けて死んだ。弟子は、彼の後継者クリシッポス、マケドニア王アンティゴノス2世など。著述として『ゼウスの賛歌』がある。[田中享英]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クレアンテスの関連キーワードビザンチン・クリスチャン博物館クリュシッポス