クレビヨン(Claude-Prosper Jolyot de Crébillon)(読み)くれびよん(英語表記)Claude-Prosper Jolyot de Crébillon

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クレビヨン(Claude-Prosper Jolyot de Crébillon)
くれびよん
Claude-Prosper Jolyot de Crébillon
(1707―1777)

フランスの小説家。劇作家クレビヨンを父とし、通称はクレビヨン・フィスCrébillon fils(フィスは「息子」を意味するフランス語)。二流の好色作家と誤解されていたが、再評価の著しい作家。彼の本領は、人間の心理に潜むあいまいさや虚偽の皮を、繊細な文体で一枚ずつ剥(は)ぎ取っていくところにある。唯一のテーマは恋愛で、恋愛は精神と心情の欺瞞(ぎまん)を助長するからである。彼の大半の小説は、隠されていた主人公(多くは宮廷貴族)の欺瞞があらわにされる一瞬のテーマのバリエーションとなっている。『M***侯爵夫人の***伯爵への手紙』(1732)、『***侯爵夫人の***侯爵への手紙』(1768)、『心と気の迷い』(1736)の代表作のほか、『空気の精』(1729)、『網杓子(しゃくし)』(1734)、『ソファ』(1740)、『夜と瞬間』(1755)、『炉端のはずみ』(1763)などがある。

[植田祐次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android