コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレーメル

2件 の用語解説(クレーメルの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

クレーメル

ラトビア出身のバイオリン奏者。リガでユダヤ系の音楽家の家系に生まれ,モスクワ音楽院でD.オイストラフに師事。1970年チャイコフスキー国際コンクールに優勝し,1975年西側にもデビュー
→関連項目チャイコフスキー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クレーメル
くれーめる
Gidon Kremer
(1947― )

ドイツのバイオリン奏者。ラトビア共和国のリガに生まれ、モスクワ音楽院でダビッド・オイストラフそのほかに師事、1969年パガニーニ国際コンクール、翌70年チャイコフスキー国際コンクールでともに第1位となり、頭角を現した。77年(昭和52)初来日。80年、旧西ドイツに亡命した。ほどなくロッケンハウス室内音楽祭を主宰、地味な室内楽とその奏者たちの力になるべく活動を開始。抜群の技巧達者であるにもかかわらず、鋭い繊細な感受性に忠実な演奏を目ざしており、第二次世界大戦後の世代を代表する大家の一人。ビバルディから現代までレパートリーは広く、そのなかにはアストル・ピアソラのタンゴ・オペリータも含まれている。80年代なかばからはピアノアルヘリッチと組んだ二重奏のほか、97年に設立した室内合奏団クレメラータ・バルティカKremerata Balticaを主宰、指揮者としても活動している。[岩井宏之]
『フェーリックス・シュミット著、高辻知義訳『音楽家の肖像――作曲家と演奏家の工房から』(1987・音楽之友社) ▽中村稔著『ヴァイオリニストの系譜――ヨアヒムからクレーメルまで』(1988・音楽之友社) ▽山本尚志・馬場広信訳『ちいさなヴァイオリン――ギドン・クレーメル自伝』(1995・リブロポート) ▽カールステン・井口俊子訳『ギドン・クレーメル 琴線の触れ合い』(1997・音楽之友社)』
「『バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ』CD2枚組(1993・マーキュリー・ミュージック・エンタテインメント) ▽『ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ全集』CD4枚組(1995・ユニバーサルミュージック) ▽『シュニトケ:ヴァイオリン協奏曲全集』CD2枚組(2000・ワーナーミュージック)」

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クレーメルの関連情報