コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロスラミナ クロスラミナ

4件 の用語解説(クロスラミナの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

クロス‐ラミナ

《〈和〉cross+lamina》層理面と斜交するラミナ葉理(ようり))。砂岩層に多くみられる。偽層。斜交葉理。斜層理。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クロスラミナ

堆積構造の一種。上下の葉理(ラミナ)が平行でなく,互いに斜交する現象。堆積物を運搬する風や水流の強さや方向がしばしば変化したために生じる。砂丘,川,浅海の堆積物中に特に著しい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

クロスラミナ

斜交葉理cross‐laminationともいわれる。クロスベッディングcross‐bedding(斜層理)に対して日本でつけられた語。地層の最小の単位の厚さ(1cm以下)でクロスベッディングを記述しようとしたことによる。斜交葉理とは地層をつくる堆積物の粒子の配列が地層面と斜交していることで,水流や風によって送られる砂粒が流れに支配されて堆積するとき,堆積物の粒径,供給量および流れの強さなどによって海底表面に波状現象が生じ形成される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロスラミナ
くろすらみな

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロスラミナの関連キーワード偽層斜交葉理激流成斜交層理斜交層理複合斜交層理フュリアス斜交葉理溝状斜交成層リップル斜交葉理レンズ状斜交葉理楔状片麻岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone