コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロスラミナ

百科事典マイペディアの解説

クロスラミナ

堆積構造の一種。上下の葉理ラミナ)が平行でなく,互いに斜交する現象。堆積物を運搬する風や水流の強さや方向がしばしば変化したために生じる。砂丘,川,浅海の堆積物中に特に著しい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クロスラミナ

斜交葉理cross‐laminationともいわれる。クロスベッディングcross‐bedding(斜層理)に対して日本でつけられた語。地層の最小の単位の厚さ(1cm以下)でクロスベッディングを記述しようとしたことによる。斜交葉理とは地層をつくる堆積物の粒子の配列が地層面と斜交していることで,水流や風によって送られる砂粒が流れに支配されて堆積するとき,堆積物の粒径,供給量および流れの強さなどによって海底表面に波状現象が生じ形成される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロスラミナ
くろすらみな

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クロスラミナの関連キーワード汽水成層偽層

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android