クロスワードパズル(英語表記)crossword puzzle

翻訳|crossword puzzle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「クロスワードパズル」の解説

クロスワードパズル
crossword puzzle

碁盤状の枡目 (ますめ) に設けられた解答欄に,ヒントに従って縦横に連絡し合う言葉をつくってはめこんでいく一種の謎遊び。簡単なものは 19世紀の子供向けの雑誌に現れているが,今日のような形になって盛んになったのは A.ウィンが 1913年 12月 21日から毎週『ニューヨーク・ワールド』紙の日曜版に連載するようになってからで,これが人気となりたちまちのうちに世界に広まった。日本には第2次世界大戦前に移入され,55年前後にブームを呼んだ。 90年頃から再び盛んとなり,専門雑誌も出版されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「クロスワードパズル」の解説

クロスワードパズル

碁盤目のます状に配列された枠(わく)の中に,ヒントに従って,縦からみても,横からみても,意味のある言葉をなすように文字をはめこんでいく遊び。ます目が15×15のものが普通で,文字を入れないます目は黒く塗りつぶしてある。A.ウィンによって考案され,1913年に《ニューヨーク・ワールド》紙に掲載されたものが最初で,1924年ニューヨークで単行本が出版されてから各国に流行した。
→関連項目クイズ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「クロスワードパズル」の解説

クロスワード‐パズル

〘名〙 (crossword puzzle) 全体が碁盤のようになった方形に、いくつかの文字が書かれており、その空白になっているます目に、与えられたヒントから推測して文字を入れて、縦から読んでも横から読んでも意味をなすように組み立てる遊戯クロスワード

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「クロスワードパズル」の解説

クロスワード‐パズル(crossword puzzle)

ヒントで示唆された語を推測し、その文字でます目を縦横に埋めていく言葉遊び。クロスワード。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「クロスワードパズル」の解説

クロスワードパズル【crossword puzzle】

与えられた縦,横の〈カギ〉をヒントにして,碁盤目に引いたます目のうちの空白の個所に言葉を入れていく遊び。基本形は縦横15のます目をもつ四角で,文字を入れない黒塗りの個所が左右対称に配列されたものである。1913年12月21日付の《ニューヨーク・ワールド》紙日曜版に載ったのが最初で,考案者はアーサー・ウィンArthur Wynne。この遊びは古くからある〈ワード・スクエアword square〉(四角連語)から派生したものと考えることができる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android