コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロタール2世 クロタールにせいChlothar(Clotaire) II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロタール2世
クロタールにせい
Chlothar(Clotaire) II

[生]?
[没]629.10.18.
メロビング朝時代のフランク王 (在位 613~629) 。ヒルペリヒ1世の子。初め分国ネウストリアの王 (在位 584~629) 。アウストラシア王妃ブルンヒルダが全フランクに支配を及ぼしたのに対し,アウストラシア貴族はクロタール2世を擁立。ブルンヒルダの孫同士の争いと彼らの死の機会をとらえて,彼女を捕え,残酷な処刑ののち,613年全フランクを統一して王に即位。しかし彼を支持したピピン (大ピピン) らアウストラシアの貴族勢力と妥協せざるをえず,メロビング王権は衰退に向った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クロタール2世の関連キーワードダゴベルト[1世]ピピン[1世]ジゲベルト2世ダゴベルト1世ピピン(大)コロンバンエリギウス

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android