コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロムモリブデン鋼 クロムモリブデンコウ

3件 の用語解説(クロムモリブデン鋼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

クロムモリブデン‐こう〔‐カウ〕【クロムモリブデン鋼】

合金鋼の一種で、クロム1パーセント程度、モリブデン0.15~0.3パーセントを添加した鋼。溶接しやすく、高温に強く、構造用材に用いる。クロモリ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

クロムモリブデンこう【クロムモリブデン鋼】

少量のモリブデンを含むクロム鋼。溶接しやすく、また熱に強い。航空機・自動車などの構造部材や管材として用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロムモリブデン鋼
くろむもりぶでんこう
chromium molybdenum steel

クロムとモリブデンとを同時に添加した鋼。高温強度を向上させる目的でつくられたこの種の鋼材は通常、耐熱鋼に分類される。狭義のクロムモリブデン鋼は、1%程度のクロムと0.15~0.3%のモリブデンとを添加し、0.2~0.45%の炭素を含有する、いわゆる低合金構造用鋼をいう。クロムとモリブデンとの添加により、無添加鋼の丸棒の約5倍の直径の丸棒まで焼入れ硬化可能となる。焼入れ後約650℃に焼き戻して、車軸など強靭(きょうじん)性を要求される部材に用いるが、クロム鋼の場合に焼戻し温度から徐冷されたときにみられる焼戻し脆性(ぜいせい)は、モリブデンの添加により著しく軽減される。[須藤 一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロムモリブデン鋼の関連キーワードニッケルクロム鋼モリブデンモリブデン鉛鉱モリブデン鋼高炭素鋼肌焼クロモリ機械構造用鋼クロム・モリブデン鋼構造用合金鋼

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クロムモリブデン鋼の関連情報