コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロムモリブデン鋼 クロムモリブデンコウ

3件 の用語解説(クロムモリブデン鋼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

クロムモリブデン‐こう〔‐カウ〕【クロムモリブデン鋼】

合金鋼の一種で、クロム1パーセント程度、モリブデン0.15~0.3パーセントを添加した鋼。溶接しやすく、高温に強く、構造用材に用いる。クロモリ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロムモリブデン鋼
くろむもりぶでんこう
chromium molybdenum steel

クロムとモリブデンとを同時に添加した鋼。高温強度を向上させる目的でつくられたこの種の鋼材は通常、耐熱鋼に分類される。狭義のクロムモリブデン鋼は、1%程度のクロムと0.15~0.3%のモリブデンとを添加し、0.2~0.45%の炭素を含有する、いわゆる低合金構造用鋼をいう。クロムとモリブデンとの添加により、無添加鋼の丸棒の約5倍の直径の丸棒まで焼入れ硬化可能となる。焼入れ後約650℃に焼き戻して、車軸など強靭(きょうじん)性を要求される部材に用いるが、クロム鋼の場合に焼戻し温度から徐冷されたときにみられる焼戻し脆性(ぜいせい)は、モリブデンの添加により著しく軽減される。[須藤 一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クロムモリブデン鋼の関連情報