コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロリトイド chloritoid

3件 の用語解説(クロリトイドの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クロリトイド【chloritoid】

硬緑泥石ともいう。ケイ酸塩鉱物の一種。化学組成は(Fe2+,Mg,Mn2+)2Al4O2(SiO4)2(OH)4単斜晶系または三斜晶系。暗緑色~黒色。モース硬度6.5,比重3.5~3.8。雲母や緑泥石に似た六角板状の結晶をなすが,へき開はこれらの鉱物ほど顕著でない。結晶構造もやや異なり,Si‐Oの四面体は連続せずに孤立している。鉄,マグネシウムマンガンの成分割合が変化著しく,マンガンに富む種類はオットレライトottrelite呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロリトイド
クロリトイド

硬緑泥石」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロリトイド
くろりといど
chloritoid

ネソ珪(けい)酸塩鉱物の一つ。雲母(うんも)ないし緑泥石に似た擬六角板状の結晶を示すほか、葉片状、塊状の結晶をなす。硬緑泥石ともいう。雲母や緑泥石に比べると劈開(へきかい)は著しくなく、硬度は高い。低変成の広域変成岩中に、石英、白雲母などとともに産するほか、ある種の岩石の熱水変質物として、また脈状鉱物としても産する。日本では岩手県北上山地と茨城県日立地方の変成岩中のものが有名である。マンガンに著しく富む種はオットレ石といわれ、産出はきわめてまれである。[松原 聰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロリトイドの関連キーワード硬緑泥石緑泥石トプフシュタインアルミノケイ酸塩鉱物(アルミノ珪酸塩鉱物)ケイ酸塩鉱物(珪酸塩鉱物)鉄鉱物ネソケイ酸塩鉱物(ネソ珪酸塩鉱物)マンガン鉱物リン酸塩鉱物(燐酸塩鉱物)オルトケイ酸塩鉱物

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone