クロリトイド(読み)くろりといど(英語表記)chloritoid

日本大百科全書(ニッポニカ)「クロリトイド」の解説

クロリトイド
くろりといど
chloritoid

ネソ珪(けい)酸塩鉱物の一つ。雲母(うんも)ないし緑泥石に似た擬六角板状の結晶を示すほか、葉片状、塊状の結晶をなす。硬緑泥石ともいう。雲母や緑泥石に比べると劈開(へきかい)は著しくなく、硬度は高い。低変成の広域変成岩中に、石英白雲母などとともに産するほか、ある種の岩石の熱水変質物として、また脈状鉱物としても産する。日本では岩手県北上山地と茨城県日立地方の変成岩中のものが有名である。マンガンに著しく富む種はオットレ石といわれ、産出はきわめてまれである。

[松原 聰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「クロリトイド」の解説

クロリトイド【chloritoid】

硬緑泥石ともいう。ケイ酸塩鉱物一種化学組成は(Fe2+,Mg,Mn2+)2Al4O2(SiO4)2(OH)4単斜晶系または三斜晶系。暗緑色黒色。モース硬度6.5,比重3.5~3.8。雲母や緑泥石に似た六角板状の結晶をなすが,へき開はこれらの鉱物ほど顕著でない。結晶構造もやや異なり,Si‐Oの四面体は連続せずに孤立している。鉄,マグネシウム,マンガンの成分割合が変化著しく,マンガンに富む種類はオットレライトottreliteと呼ばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android