クローズドショップ

精選版 日本国語大辞典「クローズドショップ」の解説

クローズド‐ショップ

〘名〙 (closed shop) 労使間における労働協約で、使用者は、職業別組合に加入している労働者だけを採用し、脱退除名により組合員の資格を失った者は解雇しなければならないとするもの。職業別組合の弱い日本にはほとんど存在しない。→オープンショップユニオンショップ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「クローズドショップ」の解説

クローズド‐ショップ(closed shop)

使用者は、特定の労働組合に加入していることを条件に労働者を雇い入れ、組合を脱退または除名された者は解雇しなければならないという制度。→オープンショップユニオンショップ
コンピューターのプログラミングや機械操作を、専門要員によって行う方式。→オープンショップ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android