クローズド・ショップ(英語表記)closed shop

翻訳|closed shop

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クローズド・ショップ
closed shop

特定の労働組合員であることを雇用の要件とする制度。労使協定により,使用者は当該組合員でなければ雇用せず,除名脱退などにより組合員資格を失った場合,その労働者を解雇しなければならない。これにより職能別または産業別組合労働市場に強い支配力を保つことになる。アメリカでは 1947年タフト=ハートレー法によって禁じられた。日本では,労働組合が特定の事業場で従業員過半数を代表する場合には,この協定を結ぶことが認められているが (労働組合法7条1号但書) ,実際にはほとんど行われていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

クローズド・ショップ

オープン・ショップの対。労働協約により,企業が労働者を採用する場合,もっぱら特定労働組合の組合員からのみ採用し,その組合から脱退しまたは除名されたときは企業もこれを解雇するとした制度。組合が完全に採用・解雇の人事に介入した型。
→関連項目タフト=ハートリー法ユニオン・ショップ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android