コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クント Kundt, August Adolph Eduard Eberhard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クント
Kundt, August Adolph Eduard Eberhard

[生]1839.11.18. シュウェリン
[没]1894.5.21. リューベック近郊イスラエルスドルフ
ドイツの物理学者。ライプチヒ大学,ベルリン大学に学び,チューリヒのスイス連邦工科大学教授 (1868) ,ウュルツブルク大学教授 (70) を経て,シュトラスブルク大学教授 (72) 。 H.ヘルムホルツの後任としてベルリン大学教授 (88) 。音響学,光学を専門とし,さまざまな気体・固体中での音速の正確な決定法を開発したことで知られる。また物質中での光の異常分散の研究,磁場における光の偏光面の回転の研究も有名。レントゲンの師としてもよく知られている。

クント
Kundt, Hans Anton Wilhelm Friedrich

[生]1869
[没]1939
ドイツの軍人,将軍。第1次世界大戦では,マッケンゼン元帥の幕僚として,東欧戦線に活躍。その後しばしばボリビアにおもむき,パラグアイに対するチャコ戦争に際してボリビア軍司令官として名をはせた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

クント(August Adolf Eduard Eberhard Kundt)

[1839~1894]ドイツの物理学者気体や固体中における音波の速度の正確な測定法を示すなど、音響学に貢献。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

クント【August Kundt】

1839~1894) ドイツの物理学者。気体および固体中の音の速さの正確な測定法を示した。音響学、光学に優れた業績を残す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クント
くんと
August Adolph Eduard Eberhard Kundt
(1838―1894)

ドイツの物理学者。シュウェーリンの生まれ。ベルリン大学に学び、1864年学位を取得。同大学の私講師を経て、チューリヒウュルツブルクの大学で研究し、1872年ストラスブール大学教授となった。1888年にはヘルムホルツの後継者としてベルリン大学実験物理学教授兼ベルリン物理学研究所所長に就任した。1866年、今日では物理の学生実験として行われるクントの実験装置を考案した。この装置で気体および固体中の音波の速度を測定し音響学に貢献した。さらに光学においては異常分散の問題を扱い、液体、蒸気だけでなく金属についても実験した。そのほか磁気光学の分野でも業績を残した。[佐藤 忠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クントの関連キーワードレーベデフ(Pyotr Nikolaevich Lebedev)レントゲン(Wilhelm Konrad Röntgen)ワールブルク(Emile Gabriel Warburg)E.G. ワールブルクロバート デュバルティールタンカラP. レーベデフ11月18日パルジファルジグモンディチャビン文化村岡 範為馳ワールブルクハルワックスカオルーンパラグアイ村岡範為馳長岡半太郎レーベデフパッシェン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android