コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クント クント Kundt, August Adolph Eduard Eberhard

5件 の用語解説(クントの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クント
クント
Kundt, August Adolph Eduard Eberhard

[生]1839.11.18. シュウェリン
[没]1894.5.21. リューベック近郊イスラエルスドルフ
ドイツ物理学者ライプチヒ大学ベルリン大学に学び,チューリヒスイス連邦工科大学教授 (1868) ,ウュルツブルク大学教授 (70) を経て,シュトラスブルク大学教授 (72) 。 H.ヘルムホルツの後任としてベルリン大学教授 (88) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

クント
クント
Kundt, Hans Anton Wilhelm Friedrich

[生]1869
[没]1939
ドイツの軍人,将軍。第1次世界大戦では,マッケンゼン元帥の幕僚として,東欧戦線に活躍。その後しばしばボリビアにおもむき,パラグアイに対するチャコ戦争に際してボリビア軍司令官として名をはせた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

クント(August Adolf Eduard Eberhard Kundt)

[1839~1894]ドイツの物理学者。気体や固体中における音波の速度の正確な測定法を示すなど、音響学に貢献。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

クント【August Kundt】

1839~1894) ドイツの物理学者。気体および固体中の音の速さの正確な測定法を示した。音響学、光学に優れた業績を残す。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クント
くんと
August Adolph Eduard Eberhard Kundt
(1838―1894)

ドイツの物理学者。シュウェーリンの生まれ。ベルリン大学に学び、1864年学位を取得。同大学の私講師を経て、チューリヒ、ウュルツブルクの大学で研究し、1872年ストラスブール大学教授となった。1888年にはヘルムホルツの後継者としてベルリン大学実験物理学教授兼ベルリン物理学研究所所長に就任した。1866年、今日では物理の学生実験として行われるクントの実験装置を考案した。この装置で気体および固体中の音波の速度を測定し音響学に貢献した。さらに光学においては異常分散の問題を扱い、液体、蒸気だけでなく金属についても実験した。そのほか磁気光学の分野でも業績を残した。[佐藤 忠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クントの関連キーワード修習ウェリチカウェリビーウェリントン山シュウェップスシュウェップス トニックウォーターシュウェップス バレンシアオレンジチェリオミルキーウェイフェリーきたきゅうしゅうシュウェリーン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クントの関連情報