コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クートー クートー Coutaud, Lucien

3件 の用語解説(クートーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クートー
クートー
Coutaud, Lucien

[生]1904.12.13. メーヌ
[没]1977.6.21. パリ
フランスの画家。特異な幻想絵画で知られる。ニーム美術学校に学ぶ。1924年パリに赴き,数年後イタリアを旅行,ピエロ・デラ・フランチェスカの絵画に感動し,帰国後はシュルレアリスムの作品を発表したが,運動には加わらなかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クートー

フランスの画家。ガール県メーヌ生れ。イタリアに長く滞在し,ピエロ・デラ・フランチェスカに傾倒。初期にはシュルレアリスム風の幻想的な作品を描いたが,運動には加わらなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クートー
くーとー
Lucien Coutaud
(1904―1977)

フランスの画家。ニームの近くのメーヌ(ガール県)に生まれる。父親から金工の手ほどきを受けたのち、ニームの美術学校に通う。1924年にパリに出る。2年後、演出家・俳優のシャルル・デュランの注目するところとなり、アトリエ座舞台装置と衣装を担当。以来、数多くの舞台デザインを手がけた。41年からはサロン・ドートンヌやサロン・デ・チュイルリーに出品。45年には第二次世界大戦中の抵抗画家とともにサロン・ド・メの創立メンバーとなる。40年ころからその作風はシュルレアリスム風の幻想的傾向をみせ、神秘に満ちた象徴的構図のなかに、奇妙なメタモルフォーズを展開する。切れ切れの人体、棘(とげ)や節をもち、ときに冷ややかな機械を思わせる四肢などは、彼独自の形象である。壁画やタペストリーの下絵、版画などにも手を染めている。[大森達次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クートーの関連キーワードメーヌドビランベゾンラロメーヌルメーヌ島アクセーヌアトリエフォンテーヌオーメールドメーヌドメーヌシャンドンシャトー/ドメーヌデュ・メーヌ公夫人

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クートーの関連情報