コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クーリー クーリー Cooley, Charles Horton

4件 の用語解説(クーリーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クーリー
クーリー
Cooley, Charles Horton

[生]1864.8.17. ミシガンアナーバー
[没]1929.5.8. ミシガン,アナーバー
アメリカの社会学者。ミシガン大学に学び,1894年同大学で博士号を取得。以後没するまで母校で研究に従事。 1918年にアメリカ社会学会会長に就任。 F.H.ギディングズや A.シェッフレの社会学,J.M.ボールドウィンや W.ジェームズの心理学の影響を受け,社会や制度と個人との相互作用を研究。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クーリー

米国の社会学者。ミシガン大学で長く教授をつとめた。その学説は〈第1次集団〉や,〈鏡にうつる自己〉等の概念によって知られ,集団や組織における人間性の形成に先駆的な業績を残している。
→関連項目社会学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

クーリー【Charles Horton Cooley】

1864‐1929
アメリカの社会心理学者,社会学者。1894年ミシガン大学を卒業して,そこで博士号を取得し,没年まで母校に奉職した。社会学の領域での彼の功績は〈第1次集団primary group〉という概念を提出したことである。また社会心理学では自我の発生やコミュニケーションについて先駆的な理論づくりを試みた。主著は《人間性と社会秩序》(1902),《社会組織論》(1909),《社会過程論》(1918)の三部作。【稲葉 三千男

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クーリー
くーりー
Charles Horton Cooley
(1864―1929)

アメリカの社会学者。初期アメリカ社会学心理学的社会学派を代表する一人。1894年ミシガン大学を卒業。助手、准教授を経て同大学教授となる。1918年アメリカ社会学会会長に就任。その主著『人間性と社会秩序』(1902)、『社会組織』(1909)において、「共感的内省」の方法により、個人主義的社会観と集団主義的社会観を調整する「社会的自我」social selfの概念を主張、これを「鏡に映った自我」looking-glass selfと説明した。また、その形成の苗床である「第一次集団」primary groupの機能の重要性を強調したことで有名である。第一次集団とは、家族、近隣、遊戯集団に典型的な対面的かつ親密な接触の場であり、そこで個人は発達の初期に社会的統合を経験し、社会的理想を内面化し、社会的自我が形成される。その後、『社会過程』(1918)において社会変動論にも関心を示し、社会過程における個人の知的側面の変化、とくに金銭的価値の進展に伴う価値の葛藤(かっとう)を重視した。[大塩俊介]
『大橋幸・菊池美代志訳『社会組織論』(1970・青木書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクーリーの言及

【近隣集団】より

…居住の近接性を契機として形成される集団。アメリカの社会学者C.H.クーリーは第1次集団の具体例として家族,遊戯集団とともに近隣集団を掲げ,人類の集落の歴史上,この近隣集団がつねに個人の感情交流と相互扶助の場となっていたと説いている(《社会組織》1909)。しかし,彼は現代アメリカではしだいに崩壊し,とくに都市において近隣は単に地理的空間の問題にすぎない場合も生じてきていると指摘している。…

【社会心理学】より

… 20世紀のアメリカでは,経験的方法の土台の上で心理学的傾向の強い研究が隆盛をみる。その先駆としては,コミュニケーションや相互作用を重視して自我の形成を論じたC.H.クーリーやG.H.ミード,ポーランドからの移民の実証研究にもとづいて価値,態度(ことに状況規定)と社会行動とのかかわりに照明をあてたトマスW.I.ThomasとF.ズナニエツキらがあげられる。また本能論衰退後に盛んになる行動主義の説は,実験的研究を促進するほか,行動に及ぼされる後天的な習慣や環境要因の重要性に注意を喚起した。…

※「クーリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クーリーの関連キーワードオグバーンギディングズ個人心理学ズナニエツキデューイラパポート正当権力見田宗介南博《ケルン社会学・社会心理学雑誌》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クーリーの関連情報