コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グアダルキビル川 グアダルキビルがわ Río Guadalquivir

3件 の用語解説(グアダルキビル川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グアダルキビル川
グアダルキビルがわ
Río Guadalquivir

古代名バエティス Baetis。スペイン南部の川。全長 657km。現在名はアラビア語のワディアルカビル (「大河」の意) に由来。ハエン県の山地に発し,アンダルシア州を西流し,北のモレナ山脈と南のベティカ山系から流下する 800以上の支流を合せ大西洋に注ぐ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

グアダルキビル‐がわ〔‐がは〕【グアダルキビル川】

Guadalquivir》スペインのアンダルシア地方で最大の川。長さ656キロ。アラビア語で、大きい川の意。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グアダルキビル川
ぐあだるきびるがわ
Guadalquivir

スペイン南部、アンダルシア地方最大の河川。ベティカ山系西部のポゾ山およびカゾルラ山に源を発し、シエラ・モレナ山脈との間の構造谷を西流してコルドバに至り、南西流してセビーリャを経て、サンルカル・ドゥ・バラメダで大西洋に注ぐ。全長657キロメートル流域面積5万7000平方キロメートル。中・下流には広大なアンダルシア低地が開け、整った灌漑(かんがい)施設を有する肥沃(ひよく)な農耕地を形成する。上流は水力発電に利用される。河口から数十キロメートル上流まで外航船が遡行(そこう)する。[田辺 裕・滝沢由美子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グアダルキビル川の関連キーワードスペイン村スペイン領サハラ組曲「スペイン」12のスペイン舞曲スケッチ・オブ・スペインスペインの歌スペイン舞曲集スペイン岬の謎スペイン速歩 (Spanish trot)スペイン風オムレツ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone