コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グアダルキビル川 グアダルキビルがわRío Guadalquivir

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グアダルキビル川
グアダルキビルがわ
Río Guadalquivir

古代名バエティス Baetis。スペイン南部の川。全長 657km。現在名はアラビア語のワディアルカビル (「大河」の意) に由来。ハエン県の山地に発し,アンダルシア州を西流し,北のモレナ山脈と南のベティカ山系から流下する 800以上の支流を合せ大西洋に注ぐ。スペインで唯一の大きな海岸平野をもつ川で,コルドバ (標高約 100m) で平野部に入り,コリアの下流ではスペイン最大の沼沢地ラスマリスマスをつくる。本流,支流合せて十数ヵ所にダムがあり,80以上の水力発電所が設けられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

グアダルキビル‐がわ〔‐がは〕【グアダルキビル川】

Guadalquivir》スペインのアンダルシア地方で最大の川。長さ656キロ。アラビア語で、大きい川の意。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グアダルキビル川
ぐあだるきびるがわ
Guadalquivir

スペイン南部、アンダルシア地方最大の河川。ベティカ山系西部のポゾ山およびカゾルラ山に源を発し、シエラ・モレナ山脈との間の構造谷を西流してコルドバに至り、南西流してセビーリャを経て、サンルカル・ドゥ・バラメダで大西洋に注ぐ。全長657キロメートル、流域面積5万7000平方キロメートル。中・下流には広大なアンダルシア低地が開け、整った灌漑(かんがい)施設を有する肥沃(ひよく)な農耕地を形成する。上流は水力発電に利用される。河口から数十キロメートル上流まで外航船が遡行(そこう)する。[田辺 裕・滝沢由美子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

グアダルキビル川の関連キーワードサンルーカルデバラメダサンルカルデバラメダグラナダ(スペイン)コルドバ(スペイン)アンダルシア自治州ドニャーナ国立公園カラオーラの塔グアダリマル川イベリア半島ビリアートセビリア県バエティカコルドバ県タルテソスイタリカセビリアタリハメセタハエンロハ

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android