コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グエン・カオ・キ グエン・カオ・キ Nguyen Cao Ky

3件 の用語解説(グエン・カオ・キの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グエン・カオ・キ
グエン・カオ・キ
Nguyen Cao Ky

[生]1930.9.8. フランス領インドシナソンタイ
[没]2011.7.23. マレーシアクアラルンプール
ベトナムの軍人,政治家。1954年にフランスの飛行学校,1958年にアメリカ合衆国の空軍大学を卒業。1963年11月ゴ・ジン・ジェム政権が崩壊し,その後ベトナム共和国(南ベトナム)の空軍司令官となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グエン・カオ・キ
ぐえんかおき
Nguyen Cao Ky
(1930―2011)

南ベトナムの軍人、政治家。ベトナム北部に生まれ、モロッコのフランス航空士官学校を卒業、ベトナム人初のパイロットとなる。1963年南ベトナム空軍司令官に就任。1965年グエン・カーンNguyen Khanh(1927― )追放クーデターに成功、1967年まで首相。同年9月大統領グエン・バン・チューの下で副大統領となり権勢を振るったが、1971年グエン・バン・チューと対立、下野した。1975年4月、サイゴン(現ホー・チ・ミン市)陥落直後にアメリカに亡命し、ロサンゼルススーパーマーケットを経営。2004年、故国を訪れた初の旧南ベトナム政府高官となった。著書に『Twenty Years and Twenty Days』(1976)がある。[黒柳米司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀西洋人名事典の解説

グエン・カオ・キ
Nguyen Cao Ky


1930.9 -
ベトナムの軍人,政治家。
元・南ベトナム副大統領。
ベトナム北部生まれ。
ベトナム北部に生まれる。モロッコのフランス航空士官学校を卒業し、ベトナム人初のパイロットとなる。1963年南ベトナム空軍司令官。’65年グエン・カーン追放クーデターに成功。同年9月首相となり、国家指導委員会を設立、政治の実権を握る。’67年副大統領となるが、’71年チュー大統領と対立、下野する。’75年4月サイゴン陥落直後に米国に亡命。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グエン・カオ・キの関連キーワードフランス領インドシナドゥメール仏印仏領インドシナ蘭領インドバッファーステートフランス領ソマリランドマルティニクイギリス領インドシナフランス領インドシナ連邦

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone