グスタフ(英語表記)Gustav

デジタル大辞泉の解説

グスタフ(Gustav)

(1世)[1496~1560]スウェーデン王。在位1523~1560。バーサ王家の開祖。デンマーク治下にあった祖国を解放して、即位後宗教改革を実施。スウェーデン王国の基礎を固めた。グスタフ=バーサ
(2世)[1594~1632]スウェーデン王。在位1611~1632。の孫。デンマーク・ロシア・ポーランドと戦い、領土を拡張して北欧第一の強国とした。三十年戦争介入新教徒から「解放者」と敬愛されたが、リュッツェンの戦い戦死。「北方獅子」とよばれた。グスタフ=アドルフ
(5世)[1858~1950]スウェーデン王。ノルウェーの独立を支持。第一次、第二次の両大戦では中立を守った。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

グスタフ

(Gustav)
[一] (一世) スウェーデン王(在位一五二三━六〇)。バサ王朝の開祖。当時デンマーク領であった祖国の独立のために戦い、その目的を達成。産業を盛んにして、近世スウェーデンの基礎を築いた。(一四九六‐一五六〇
[二] (二世) スウェーデン王(在位一六一一‐三二)。デンマーク、ロシア、ポーランドと戦って、バルト海を制圧。三〇年戦争に介入して、リュッツェンの戦いで戦死した。国内では絶対主義体制をととのえ、スウェーデンをヨーロッパの強国にした。(一五九四‐一六三二

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報