グスタフ(英語表記)Gustav

デジタル大辞泉の解説

グスタフ(Gustav)

(1世)[1496~1560]スウェーデン王。在位1523~1560。バーサ王家の開祖。デンマーク治下にあった祖国を解放して、即位後宗教改革を実施。スウェーデン王国の基礎を固めた。グスタフ=バーサ
(2世)[1594~1632]スウェーデン王。在位1611~1632。の孫。デンマーク・ロシア・ポーランドと戦い、領土を拡張して北欧第一の強国とした。三十年戦争に介入、新教徒から「解放者」と敬愛されたが、リュッツェンの戦いで戦死。「北方の獅子」とよばれた。グスタフ=アドルフ
(5世)[1858~1950]スウェーデン王。ノルウェーの独立を支持。第一次、第二次の両大戦では中立を守った。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

グスタフ【Gustav】

〔G. Vasa〕 (一世)(1496~1560) スウェーデン国王(在位1523~1560)。デンマークの支配から独立に成功し、バーサ朝を創始。
〔G. Adolf〕 (二世)(1594~1632) スウェーデン国王(在位1611~1632)。の孫。バルト海に覇権を確立。新教徒支援を口実に三十年戦争に介入。勝利したが戦傷死。グスタフ=アドルフ。
(五世)(1858~1950) スウェーデン国王(在位1907~1950)。二度の世界大戦に中立を守り、今日の中立路線を基礎づけた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

グスタフ

(Gustav)
[一] (一世) スウェーデン王(在位一五二三━六〇)。バサ王朝の開祖。当時デンマーク領であった祖国の独立のために戦い、その目的を達成。産業を盛んにして、近世スウェーデンの基礎を築いた。(一四九六‐一五六〇
[二] (二世) スウェーデン王(在位一六一一‐三二)。デンマーク、ロシア、ポーランドと戦って、バルト海を制圧。三〇年戦争に介入して、リュッツェンの戦いで戦死した。国内では絶対主義体制をととのえ、スウェーデンをヨーロッパの強国にした。(一五九四‐一六三二

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グスタフの関連情報