グダンスク

百科事典マイペディアの解説

グダンスク

ポーランド北部,バルト海グダンスク湾岸の港湾都市。ドイツ名はダンツィヒDanzig。文化・科学・商工業の中心地で,ポーランドおよび他の東欧諸国にとって重要な貿易港。北のグディニャソポトと連合都市を形成し,造船,機械,化学,食品などの工業が行われる。大規模な石油コンビナートがあり,工業大学(1945年創立)をはじめとする研究機関も多い。10世紀に城が築かれ,12世紀にポーランド領となった。1361年にハンザ同盟に加わり,15―17世紀にはバルト海の穀物貿易で繁栄した。1919年国際連盟の保護下に自由市となったが,ドイツ系住民が多数を占め,ドイツ対ポーランドの抗争の源および第2次世界大戦の引き金となった。1939年にヒトラーによりドイツに併合。第2次大戦後ポーランド領となり,港湾施設が整備された。1980年の〈連帯〉運動発祥の地。46万300人(2011)。
→関連項目ポモジェポーランドポーランド回廊

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グダンスク【Gdańsk】

ポーランド北部,バルト海に面する港湾都市で,同名県の県都。人口46万3100(1995)。グダニスクとも呼び,ドイツ名はダンチヒDanzig。市街地はグダンスク湾に注ぐビスワ川左岸の河口デルタに発達している。すぐれた港湾施設をもつポーランド最大の貿易港で,とくに石炭,セメント積出港として重要。第2次世界大戦で港湾施設の過半を破壊されたが,戦後,基幹産業である造船業(全国の船舶建造量の86.4%,1978)をはじめ化学,木材,食品加工,電気機械,金属加工の各工業が発達している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のグダンスクの言及

【ポモジェ】より

…ポモジェ地方はポーランドとプロイセンの勢力が複雑にかかわりあった歴史をもつが,1945年のポツダム会談でその大部分がポーランド領となった。現在の行政区分ではシュチェチン,コシャリン,スウプスク,グダンスク,エルブロンクの5県にほぼ相当する。ビスワ川とオーデル川の間の地で,北はバルト海,南はバルタ川とその支流のノテチ川で囲まれる範囲である。…

※「グダンスク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android