コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラススティーガル法 グラススティーガルホウ

デジタル大辞泉の解説

グラススティーガル‐ほう〔‐ハフ〕【グラス・スティーガル法】

Glass Steigal Act》1933年に制定された米国の連邦法世界恐慌の経験から、銀行の健全化と預金者保護を図るため、銀行・証券業務の分離や連邦預金保険公社(FDIC)の設立などを定めた。名称は法案を提出した2人の議員の名に由来。銀証分離を定めた条項は、1999年のグラム・リーチ・ブライリー法により撤廃された。1933年銀行法。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

グラススティーガル法の関連キーワードモルガン・スタンレー[会社]グラムリーチブライリー法JPモルガン・チェースモルガン・スタンレーコングロマリット一九三三年銀行法モルガン財閥投資銀行金融機関

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android