コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラススティーガル法 グラススティーガルホウ

デジタル大辞泉の解説

グラススティーガル‐ほう〔‐ハフ〕【グラス・スティーガル法】

Glass Steigal Act》1933年に制定された米国の連邦法世界恐慌の経験から、銀行の健全化と預金者保護を図るため、銀行・証券業務の分離や連邦預金保険公社(FDIC)の設立などを定めた。名称は法案を提出した2人の議員の名に由来。銀証分離を定めた条項は、1999年のグラム・リーチ・ブライリー法により撤廃された。1933年銀行法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android