コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラネ グラネ Granet, François Marius

6件 の用語解説(グラネの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラネ
グラネ
Granet, François Marius

[生]1775.12.17. エクサンプロバンス
[没]1848.11.21. エクサンプロバンス
フランスの画家。印象主義の先駆者の一人。 J.ダビッドの弟子。 1802年ローマに行き 17年間滞在。このとき描いた『バルベリーニの広場のカプシン僧の合唱』 (リヨン美術館) を 19年パリに帰ってサロンに出品し,当時の画壇に大きな波紋を投げた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

グラネ
グラネ
Granet, Paul Marcel

[生]1884.2.29. ドゥローム
[没]1940.11.25. パリ
フランスの中国学者。中国に留学後,1925年パリ東洋語学校教授,続いてパリ大学教授となる。中国古代の宗教,社会の研究に新分野を開いた。著書『古代中国の祭祀と歌謡』"Fêtes et chansons anciennes de la Chine" (1919) ,"Danses et légendes de la Chine ancienne" (26) ,"La Civilisation chinoise" (29) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

グラネ

フランスの東洋学者。中国に留学,パリ大学教授などを歴任。デュルケームシャバンヌに師事,社会学の観点から社会的行為の意味を解明。《中国古代の祭礼と歌謡》では《詩経》の恋歌を祭礼における自由恋愛の痕跡(こんせき)とみた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

グラネ【Paul‐Marcel Granet】

1884‐1940
フランスの中国学者。パリの高等中国研究所所長などをつとめる。中国学者シャバンヌの弟子であり,またデュルケームの社会学を学んで,とくに古代中国研究に宗教社会学の視点を導入したことで内外に大きな影響を及ぼした。《中国古代の舞踊と伝説》《中国人の宗教》《中国文明》《中国の思想》など著書が多い。なかでも彼の博士論文である《中国古代の祭礼と歌謡》は,中国古代の村落共同体の宗教的行事の中から歌謡が生まれてくる様相を分析して,《詩経》国風篇の成立を考えるとき今なお示唆に富む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

グラネ【Paul-Marcel Granet】

1884~1940) フランスの中国学者。 E = E =シャバンヌに師事。デュルケーム派社会学の方法論を古代中国研究に導入。著「中国古代の祭礼と歌謡」「中国人の宗教」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グラネ
ぐらね
Marcel Granet
(1884―1940)

フランスの中国学者。デュルケーム派の社会学者にして、その社会学を古代中国社会研究に応用した。中国学をシャバンヌに学び、中国に留学したのち、東洋語学校、ついでパリ大学の教授として斬新(ざんしん)な体系を展開し、若手研究者の間に人気があった。『支那(しな)古代の祭礼と歌謡』『支那人の宗教』『古代シナの舞踊と伝説』『シナ文明』『シナ思想』などの著書により、古代中国の農村社会における集団婚の存在、母系社会より父系社会への変革などを説き、いずれも独創的な見解である。しかし、その研究はもっぱら翻訳に頼るため、漢文の原典に対する吟味が不十分であり、理論のみが独走するという批判が一方にある。[宮崎市定]
『内田智雄訳『支那古代の祭礼と歌謡』(1938・弘文堂) ▽津田逸夫訳『支那人の宗教』(1943・河出書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グラネの関連キーワードカテドゥロス広場トゥロンドームズデーマドゥローダムバームロールコンドゥロス,N.テオドゥロスドゥロアン,J.ドゥロウェルヌムドゥロストルム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グラネの関連情報