コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラハム Graham, Martha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラハム
Graham, Martha

[生]1894.5.11. ペンシルバニア,ピッツバーグ
[没]1991.4.1. ニューヨーク
アメリカの舞踊家,振付師。モダン・ダンスの先駆者。グラームグレアムともいう。 1916年 R.デニス,T.ショーンの率いる舞踊団に入り,23年脱退するまでソリストとして踊った。ニューヨークに移り,軽演劇などに一時出演したが,26年『ラッカーの研究』『亜麻色の髪の乙女』を発表。アメリカにおけるモダン・ダンスの重要な出発点になったといわれる。心的状態をいかに身体表現するかといった問題が彼女の主題であり,『悲嘆』 (1930) などにみられるように,苦しみ,喜びなどを肉体言語に転移しようとした。 29年には自身の舞踊団を結成,門下から M.カニンガム,P.テーラーらの逸材を出した。代表作に『アメリカの記録』 (38) ,『すべての心はサーカス』 (39) ,『世界への手紙』 (39) ,『アパラチアの春』 (44) ,『心の洞穴』 (47) ,『夜の旅』 (47) ,『夢』 (74) ,『ルシファー』 (75) などがある。 70歳をこえるまで舞台で踊り,また 96歳の生涯を閉じるまでその創作力に衰えはなく,全作品数は 180にも及んだ。

グラハム

グラハム
Graham, Katharine

[生]1917.6.16. ニューヨーク
[没]2001.7.17. アイダホ,ボイジー
ワシントン・ポスト』『ニューズウィーク』などアメリカの新聞・雑誌のオーナー兼発行人。新聞経営者 E. マイヤーとその妻アグネスの間に生まれ,1934~36年バッサー大学に学んだのち,シカゴ大学へ転校し 1938年卒業。『サンフランシスコ・ニューズ』紙の記者を1年間務めたあと,父が 1933年に買収した『ワシントン・ポスト』の編集スタッフになる。『サンデー・ポスト』紙の編集・販売部門でも職歴を積んだ。 1940年に判事書記の P.グラハムと結婚。 1945年に家庭のため職を離れる。 1946年に夫が『ワシントン・ポスト』の発行人となり,1948年には夫妻でワシントン・ポスト社の経営権を父から買い取る。同社は 1954年にライバル紙『タイムズ・ヘラルド』,1961年に『ニューズウィーク』を買収,ラジオとテレビの放送局数社も傘下に収めたが,グラハム自身は経営の第一線には立たなかった。 1963年9月,自殺による夫の死をうけてワシントン・ポスト社社長に就任 (1969~79年には発行人も兼任) 。その指揮のもと,『ワシントン・ポスト』は果敢な調査報道で名を高めた。発行部数も増え,同紙はワシントンで最も影響力のある新聞,全米でも屈指の有力紙となった。 1973~91年には同社の会長兼 CEO (最高経営責任者) をつとめ,1999年に自伝『わが人生』 Personal Historyでピュリッツァー賞 (伝記部門) を受賞した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

グラハム

グレアム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グラハム
ぐらはむ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

20世紀西洋人名事典の解説

グラハム


グレアムを見よ。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について | 情報

グラハムの関連キーワードハングオーバー!!/史上最悪の二日酔い、国境を越えるハングオーバー!/消えた花ムコと史上最悪の二日酔いロンドン・コンテンポラリー・ダンス・シアターチョッパー・ベース[slapping]ブラザー・サン シスター・ムーンキューピッドよ、あの娘をねらえモントローズ(伯・侯・公家)グレアム(ビリー・グラハム)クイーン・シャーロット諸島ドラッグストア・カウボーイクイーンシャーロット諸島ホールホイートブレッドポスト・モダン・ダンスカール ジェンキンスファンダメンタリズムウィリアム グラハムオーメン3最後の闘争ジャック ブルースレクター博士の沈黙パトリシア バーチ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グラハムの関連情報