グラム(読み)ぐらむ(英語表記)Zénobe Théophile Gramme

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グラム(Znobe Thophile Gramme)
ぐらむ
Znobe Thophile Gramme
(1826―1901)

ベルギーの電気技術者。早くから建具屋の見習いとして働いた。成人してのちパリの電気機器製造会社に勤め、電気技術の研究を始めた。当時は各地で実用的な発電機を目ざして試行錯誤が繰り返されていたが、1870年、パチノッティの環状電機子を改良し、均一電流が得られる最初の実用的な直流発電機を製作した。翌1871年グラム商会を設立し、その改良と製作にあたった。グラム発電機は磁石発電機に比べ高効率で、寸法と重量が小さく、しかも大出力であったため、灯台照明用を中心に急速に普及した。[高橋智子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グラムの関連情報