コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グランド・バンクス グランドバンクス

百科事典マイペディアの解説

グランド・バンクス

北米,ニューファンドランドの南東方沖合にあるバンク(堆(たい))で,世界的な大漁場の一つ。ラブラドル寒流とメキシコ湾流のぶつかる所にあり,米国,カナダ,英国,フランス,北欧諸国の漁船が集まり,ニシン,タラ,エビなどを漁獲。
→関連項目セント・ジョンズ(カナダ)ニューファンドランド・ラブラドル[州]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グランド・バンクス
ぐらんどばんくす
Grand Banks

大西洋のニューファンドランド島沖の大陸棚にある幅560キロメートルの広大な堆(たい)bank。グランド・バンク、サンピエール・バンク、グリーン・バンクからなるので、複数形でよばれる。平均深度は55メートル。ラブラドル海流(寒流)と北大西洋海流(暖流)のぶつかり合う所で、タラ、ヒラメ、カレイ、ニシンなどの好漁場となっており、世界三大漁場の一つである。海霧の多い所としても知られる。
 1929年のグランド・バンクス地震では、この海域の大陸斜面、海底扇状地、深海平原に敷設されていた海底電線が上から順に次々と切断されたことから、地震に伴う泥濁流の存在が確認された。その速さは毎秒25メートルにも及び、泥濁流に対する関心を高めた。[半澤正男・高野健三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

グランド・バンクスの関連キーワードニューファンドランド・ラブラドル[州]セント・ジョンズ(カナダ)セント・ローレンス湾サン・ピエール[島]ガルフストリームタイタニック号大西洋潮境

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android