コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グランビル グランビル Glanvill, Joseph

5件 の用語解説(グランビルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グランビル
グランビル
Glanvill, Joseph

[生]1636
[没]1680
イギリスの哲学者。イギリス国教会の神学者,牧師。 H.モアの影響を受け,ケンブリッジ・プラトニストたちと共通の見解をいくつか有した。懐疑論者として知識や自然に関する不確実な理論に反対し,初期のロイヤル・ソサエティにおける実験的研究を擁護した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

グランビル
グランビル
Grainville, Patrick

[生]1947.6.1. ビレール
フランスの小説家。 1970年代に登場した新しい作家。みずから「神話的自伝」と呼ぶ3作,『羊毛』 La Toison (1972) ,『境界』 La Lisière (73) ,『深湖』L'Abîme (74) ののち,アフリカの狂気の王を主人公に,狂暴で野性的な世界を描いた幻想的作品『火炎樹』 Les Flamboyants (76) によってゴンクール賞を獲得した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

グランビル
グランビル
Grandville

[生]1803.9.13. ナンシー
[没]1847.3.17. パリ
フランスの版画家。本名 Jean-Ignace-Isidore Gérardミニアチュール (小型肖像画) 画家であった父について絵を学ぶ。 21歳でパリにおもむき,この年に最初の版画集『良き市民の日曜日』を出版,以後独特の風刺とユーモアを交えた数多くの版画を発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

グランビル
グランビル
Granville

フランス北西部,マンシュ県の港町。コタンタン半島西岸南部,サンマロ湾にのぞむロク岬に位置する。ノルマンディー地方の著名な海水浴場の一つ。ショセ島およびイギリス領ジャージー島への遊覧・連絡船の発着港があり,ヨットハーバーとしても利用される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

グランビル【Grandville】

1803‐47
フランスの風刺画家,版画家。本名ジェラールJean‐Ignace‐Isidore Gérard。ナンシーで生まれ,1825年からパリで制作。石版画集《真昼のメタモルフォーズ》(1829)で獣頭人物や変身への偏愛を示し,名声を得た。30‐36年にドーミエらとともに《カリカチュール》誌や《シャリバリ》誌に寄稿,激しい政治風刺の先鋒に立つが,その本領は後期の奔放な空想力が生んだ作品群にある。銅版画集《もう一つの世界》(1844)は現実の秩序を外れた別世界の住民たちが軽快なデッサンで描かれ,その異様で怪奇なイメージにもかかわらず,幼児的な乾いた明るさが全体を支配している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

グランビルの関連キーワードジェラールナダールナントゥイユレカミエ夫人アルジェライトジェラールとジャックラ・ヴェラータギルレークルックシャンクローランドソン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グランビルの関連情報