コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリセオフルビン グリセオフルビンgriseofulvin

翻訳|griseofulvin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グリセオフルビン
griseofulvin

1939年 A.オックスフォードらによってコオジカビ科のアオカビの一種 Penicillium griseofulvumから分離された抗生物質。白癬菌その他の真菌類の生長する菌糸をゆがめて,発育を阻止する作用がある。数少い内服水虫薬。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

グリセオフルビン

抗カビ性抗生物質。数種の糸状菌産出経口投与すると皮膚の角質に蓄積が認められ,水虫著効を呈する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のグリセオフルビンの言及

【抗生物質】より

…その後,アザロマイシンF(1960),バリオチン(竹内節男,米原弘ら発見,1959),ピロルニトリン(有馬啓ら発見,1965)が得られているが,白癬菌に対する外用に限られる。(1)グリセオフルビン ペニシリン再発見前にイギリスでカビから分離された。内服および外用薬として用いられるが,白癬菌以外の真菌症には無効である。…

※「グリセオフルビン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

グリセオフルビンの関連キーワード頭部浅在性白癬(しらくも)有機ハロゲン化物経口抗真菌剤抗真菌剤黄癬

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android