コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリムの法則 グリムのほうそくGrimm's law

翻訳|Grimm's law

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グリムの法則
グリムのほうそく
Grimm's law

ゲルマン語派を特徴づける子音推移を示す法則で,ドイツの言語学者 J.グリムが 1822年に定式化した。印欧祖語の閉鎖音が,ゲルマン諸語では次のように変化したというもの。p,t,k→f,þ,x; b,d,g→p,t,k; bh,dh,gh→b,d,g。ただし,f,þ,xとなるのは,語頭か語中のアクセントの直後にある場合だけで,その他の場合にはb,d,gとなることが,のちに K.ウェルネルによって発見され,これはウェルネルの法則と呼ばれる。上にあげた変化はゲルマン語派の第1次子音推移と呼ばれ,紀元前,まだゲルマン諸語が分化しないうちに起きた現象である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

グリムの法則【グリムのほうそく】

ゲルマン語における子音の規則的変化。J.グリム(グリム兄弟の兄)が《ドイツ文法》第1巻第2版(1822年)で発表。音韻推移とも。ギリシア語,ゴート語,古代高地ドイツ語などの語彙(ごい)の比較から,印欧祖語とゲルマン祖語の対応が明らかにされた(第一音韻推移)。
→関連項目音法則ゲルマン語派ドイツ語

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グリムのほうそく【グリムの法則】

J.グリム(グリム兄弟の兄)と同時代のデンマークの言語学者R.K.ラスクによってすでに確認されていたインド・ヨーロッパ諸語(インド・ヨーロッパ語族)とゲルマン語(ゲルマン語派)の間の子音の規則的対応を,グリムが定式法則化したもの。グリム自身はこの規則的対応を音韻推移(ゲルマン語音韻推移)と名づけたが,グリムの名にちなんでグリムの法則とも呼ばれる。この法則によれば,インド・ヨーロッパ諸語(具体的にグリムが取り上げたのはギリシア語)とゲルマン語の間には次のような子音の対応が存在する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

グリムのほうそく【グリムの法則】

インド-ヨーロッパ祖語からゲルマン語が生じる過程にみられる、三系列の子音群の音韻変化の法則。グリムが1822年に「ドイツ文法」の中で発表。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グリムの法則
ぐりむのほうそく

ドイツの言語学・説話学者ヤーコプ・グリムJacob Grimmがたてた、古典語とゲルマン語の間にみられる子音対応に関する規則。印欧基語とゲルマン基語の閉鎖音と摩擦音において、無声・有声・帯気音の間に次のような子音の推移がみられる。
(1)印欧基語の無声閉鎖音[p, t, k]がゲルマン基語では無声摩擦音[f,θ, x→h]となった。ラテン語の piskis「魚」、tenuis「薄い」、kaput「頭」の語頭音が英語の fish[fi], thin[θin], head[hed]の語頭音に対応する。
(2)印欧基語の有声閉鎖音[b, d, g]はゲルマン基語では無声閉鎖音[p, t, k]に変化した。ギリシア語のkannabis「麻」、ラテン語の duo「二」、genus「種属」は、英語のhemp, two, kin「親族」にあたる。
(3)印欧基語の帯気音[bh, dh, gh]はゲルマン基語では無帯気音[b, d, g]に推移した。サンスクリット語の bharmi「私は運ぶ」、madhu「蜜(みつ)」、stighnoti「彼は登る」は、英語のI bear、mead「蜜酒」、ドイツ語のsteigen[taigen]「登る」に対応する。グリムは、無声摩擦音[f,θ, x]と帯気音[bh, dh, gh]を気音群Aに、無声閉鎖音を硬音群Tに、有声音を軟音群Mに分類したうえで、下記の図式により推移の法則を表すことができるとした。

グリムの法則によって、同系統の言語の間に音韻の対応が成立することが認められ、これに基づいて比較言語学の研究手段が確立された。さらに、同一系統の言語の語形を比較対照させることにより、その原形を推定することができるようになった。[小泉 保]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のグリムの法則の言及

【グリム兄弟】より

…終生独身を通したヤーコプは弟の家に同居し,弟と研究をともにしたが,兄弟共同の仕事としては,説話の収集と研究に先鞭をつけた《グリム童話》(初版2巻,1812,15)と《ドイツ伝説集》2巻(1816,18),生前3巻を出し,没後1世紀を経て全16巻32冊の大辞典として完成した《グリム・ドイツ語辞典》(1854‐1960)など8点を数える。そのほか単独の著述として,ヤーコプの四部作《ドイツ文法》(1819‐37)はゲルマン語の子音推移を体系化した〈グリムの法則〉などによって比較言語学の記念碑的著作であり,《ドイツ法律古事誌》(1828),《ドイツ神話学》(1835),法資料集《ワイステューマー》4巻(1840‐63),《ドイツ語史》(1848)などいずれも画期的業績である。ウィルヘルムは《ドイツ英雄伝説》(1829)を著し,また多くのドイツ中世文学作品を編纂し世に出した。…

※「グリムの法則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

グリムの法則の関連キーワードラスク(Rasmus Christian Rask)インド・ヨーロッパ語族ヴェルナーの法則フェルナーの法則グラスマンの法則グリム(兄弟)音韻変化音韻法則音韻対応ラスク辞典

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android