コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリューン グリューン Grün, Anastasius

4件 の用語解説(グリューンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グリューン
グリューン
Grün, Anastasius

[生]1806.4.11. ライバハ
[没]1876.9.12. グラーツ
オーストリアの詩人。本名 Anton Alexander,Graf von Auersperg。政治詩運動「3月前期」の代表者。ウィーンで法律を学び,フランクフルト国民議会議員,オーストリア貴族院議員としても活躍。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

グリューン
グリューン
Grün, Max von der

[生]1926.5.25. バイロイト
ドイツの小説家。第2次世界大戦に従軍,捕虜となる。帰国後鉱員。鉱員の生活を描いた処女作『狐火と火』 Irrlicht und Feuer (1963) はベストセラーとなり,以後作家生活に入る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

グリューン【Anastasius Grün】

1806‐76
オーストリアの詩人。本名はAnton Alexander Graf von Auersperg。1848年のフランクフルト国民議会に出席し,61年以降は貴族院議員を務めた。シュワーベン詩派の影響を受けたが,彼が匿名で発表した詩集《ウィーンの詩人の散歩Spaziergänge eines Wiener Poeten》(1831)は,メッテルニヒ体制に対する鋭い風刺と批判によって大きな反響を呼び,以後これを範とする多くの政治詩が生まれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グリューン
ぐりゅーん
Anastasius Grn
(1806―1876)

オーストリアの詩人。リュブリャナ生まれの貴族。ドイツ民族主義寄りの自由主義政治思想を抱き、フランクフルト国民議会議員(1848)、帝国貴族院議員(1861)などを務める。代表作である詩集『あるウィーン詩人の散歩』(1831)でメッテルニヒ体制やカトリック教会保守反動性を風刺した。スロベニア民謡の翻訳やレーナウ全集の出版も行う。[鈴木隆雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グリューンの関連キーワードオーストリア併合オーストリアハンガリー帝国オーストリーオーストリアン・バロック・カンパニー日本オーストリア文学会オーストリアワインオーストリアのメーデーオーストリアン・スムース・ブラッケエーベルルオーストリア美術

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グリューンの関連情報