コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリューン Grün, Anastasius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グリューン
Grün, Anastasius

[生]1806.4.11. ライバハ
[没]1876.9.12. グラーツ
オーストリアの詩人。本名 Anton Alexander,Graf von Auersperg。政治詩運動「3月前期」の代表者。ウィーンで法律を学び,フランクフルト国民議会議員,オーストリア貴族院議員としても活躍。ウーラントに影響を受ける。詩集に『最後の騎士』 Der letzte Ritter (1830) など。

グリューン
Grün, Max von der

[生]1926.5.25. バイロイト
ドイツの小説家。第2次世界大戦に従軍,捕虜となる。帰国後鉱員。鉱員の生活を描いた処女作『狐火と火』 Irrlicht und Feuer (1963) はベストセラーとなり,以後作家生活に入る。放送ドラマもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グリューン【Anastasius Grün】

1806‐76
オーストリアの詩人。本名はAnton Alexander Graf von Auersperg。1848年のフランクフルト国民議会に出席し,61年以降は貴族院議員を務めた。シュワーベン詩派の影響を受けたが,彼が匿名で発表した詩集《ウィーンの詩人の散歩Spaziergänge eines Wiener Poeten》(1831)は,メッテルニヒ体制に対する鋭い風刺と批判によって大きな反響を呼び,以後これを範とする多くの政治詩が生まれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グリューン
ぐりゅーん
Anastasius Grn
(1806―1876)

オーストリアの詩人。リュブリャナ生まれの貴族。ドイツ民族主義寄りの自由主義的政治思想を抱き、フランクフルト国民議会議員(1848)、帝国貴族院議員(1861)などを務める。代表作である詩集『あるウィーン詩人の散歩』(1831)でメッテルニヒ体制やカトリック教会の保守反動性を風刺した。スロベニア民謡の翻訳やレーナウ全集の出版も行う。[鈴木隆雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

グリューンの関連キーワードグリューンアイゼン‐アンダーソンパラメータミー‐グリューンアイゼンの状態方程式アンダーソン‐グリューンアイゼン定数オットー・ユーリウス ビーアバウムグリューンアイゼンのパラメータグリューンアイゼンの状態方程式トゥルファン(吐魯番)遺跡グリューンアイゼンの関係式グリューンアイゼン定数ドイツ・イデオロギーランダウ‐ルーマ損失ジェローナ・グーラクチャ(庫車)遺跡シュテルツェルアルワッハーブサイモンの公式ジェロナグーラベゼクリク石窟シューベルトビーアバウム

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android